ガジェット

水道直結式ウォータースタンドはダメなの?特徴や種類に口コミ・評判まで解説!

サカナくんのCMでお馴染み「水道直結式ウォータースタンド」は、これまでにない全く新しいタイプのウォーターサーバーです。

今回は、本気でこの水道直結式ウォータースタンド(WATERSTAND)の導入をすべきかどうか迷われている方に向けて、管理人のリアルな口コミと周囲の方たちの評判をご紹介させていただきます。

ぶっちゃけアレってどうなの?

紅のたぬきち
紅のたぬきち
そんな皆さんの疑問に、1匹のタヌキがマジで答えます。

新機軸のウォーターサーバー、水道直結式ウォータースタンドのメリット・デメリットを含めて、この製品の「本当のところ」が知りたい方はぜひ最後までお付き合いください!

目次

水道直結式ウォータースタンド(WATERSTAND)とは?

水道管につなぐだけで美味しい水が供給できるウォーターサーバー


水道直結式ウォータースタンドは、文字通り「水道管とウォータースタンドを直接接続することで、面倒くさいボトル交換が一切不要で美味しい水をいくらでも供給できる」のが特徴の製品です。

やっときたか!ワイが求めていたウォーターサーバーが!

 

この投稿をInstagramで見る

 

PJ_s_Home_and_Gardenさん(@pj.mayberry)がシェアした投稿

管理人の口コミ・評判について、詳しくは後述しますが結論から先に言ってしまうと、ワイはこれ。マジで待ち望んでいました。時代が令和に移るまでにも、実は何度か「ウォーターサーバーを導入しようかな」と悩んだ時期があったのです。そのたびに、

  • 「水ボトルを交換するの面倒クセーな」
  • 「どの会社も”月額レンタル制”を謳うくせに、月の使用量〇〇リットル以上は別料金とかアコギすぎやろ!」
  • 「どうせ、”クリアウォーター”って言っても濾過フィルター通しただけでの水なんだから、わざわざボトリングする必要ないでしょ。それで追加料金とるとか、どうなん?」

って思って、結局最近まで導入を躊躇っていました。

だからこそ、この水道直結式ウォータースタンドのサービス開始は「マジでワイが望んでいたサービス」だったわけですよ。

日本ブランド「株式会社ウォータースタンド」が取り扱っている製品

 

この投稿をInstagramで見る

 

noriさん(@cklc.0120)がシェアした投稿

水道直結式ウォータースタンドは、「株式会社ウォータースタンド」が取り扱っている月額レンタル制のウォーターサーバーです。「株式会社ウォータースタンド」という名前からも分かるとおり、こちらのブランドはウォーターサーバーを専門に扱っている企業となっています。本社のある場所は埼玉県のさいたま市。ウォーターサーバーを売り出しているブランドのなかには、海外に本拠地を置くところも存在しますが「株式会社ウォータースタンド」は日本国内から全国に各種のサービスを提供しています。

もともとはオフィス向けのブランドだった?

 

この投稿をInstagramで見る

 

歌田 遥さん(@uta0864)がシェアした投稿

実のところ、もともとは一般家庭向けのウォーターサーバーを取り扱うブランドではなかった「株式会社ウォータースタンド」。2018年から、本格的に一般家庭向けのウォーターサーバー事業を本格スタートしました。大規模オフィスは一般家庭とは比較にならないレベルで、たくさんのスタッフたちによってウォーターサーバーがヘビーユーズされる場ですよね。そこで得たノウハウをそのまま活用して、水道直結式ウォータースタンドは誕生しました。

スポンサーリンク

水道直結式ウォータースタンド(WATERSTAND)の特徴

特徴①:ランニングコストの安さ

水道直結式ウォータースタンドの特徴としては、まず「ランニングコスト(維持費)の安さ」が挙げられます。ウォーターサーバーの料金体系ってピンからキリまでありますよね。ほとんどがレンタル制ですが、「定額」をうたいながらも「フィルター交換代」とか「定期訪問メンテナンス代」とか「故障時の出張修理費用」とかを後乗せで請求してくる会社もあるとか。まったく、後乗せはどん兵衛の天ぷらだけで十分ですよね。

月定額のレンタル料を支払うだけで全ての処理が完了する

その点、こちらの水道直結式ウォータースタンドの場合は月のレンタル代にそれらのサービスも全て入っています。ちなみに私が重視した特徴ポイントはココです。月のウォータースタンド機器レンタル代を支払うだけで、全てが完了します。面倒くさくないし、もしもこの先ウォータースタンドに不具合が出ても気軽に「おい、調子悪いで!今すぐこいや!」と電話できる。個人的にはこれ、結構大事だと思います。

紅のたぬきち
紅のたぬきち
ちなみに、ウォータースタンドの機器の種類によってレンタル料は2,480円~6,980円と幅があります。機器の種類や料金については後述しますね!

特徴②:衛生面の良質さ

意外に思われるかもしれませんが、水道直結式ウォータースタンドは「衛生面の良質さ」も特徴の1つです。例えば、ウォーターボトル式の場合は1個のボトルを開封後にあまりに時間が経ちすぎるとボトル内の水が傷む可能性がありますよね。

同じ純水でも新鮮さによって「傷みやすさ」に違いが出てくる

当たり前ですが、従来型のボトル式ウォーターサーバーの場合は、ボトル内の水は工場で濾過処理された「純粋な状態」になっています。水道水の場合は塩素などの殺菌・抗菌作用のある成分が入っていますが、ボトル内の水には含まれていません。

もうピンときた方もいるかもしれませんね。

水道直結式ウォータースタンドの場合は、自宅内で皆さんのお口に入る直前まで塩素が入った「水道水」の状態です。これがウォータースタンド機器の内部で工場と同レベルの濾過処理がされて、「純粋な水」になります。

  • 従来型のボトル式ウォーターサーバーの水は、工場で濾過してから数時間~数日後の水
  • 新方式の水道直結式ウォータースタンドの水は、その場で濾過された新鮮ピッチピチな水

というわけです。この違いが「傷みやすさ」となって表面化していきます。

特徴③:設置料金の安さ

設置料金の安さも水道直結式ウォータースタンドの特徴です。他社の従来型ウォーターサーバーの場合には、「初期費用」という名目で月のレンタル代のほかに多額の料金を請求してくるケースもありますよね。ただ、こちらの「株式会社ウォータースタンド」が提供している水道直結式ウォータースタンドは、そんなアコギな初期費用は一切不要です。

真の意味で「月定額制」のウォーターサーバー

本当の意味で、「月の機器レンタル代オンリー」で設置できます。例えば、一番安い「ナノラピアメイト」であれば月2,480円(税別)だけでOKです。前述したようにメンテナンスコストも一切不要ですので、お好みの機能を搭載したウォータースタンド機器のレンタル代金のみでピュアウォーターを使いたい放題。これが真の「月☆定額制」ですよね。

特徴④:地球に優しいエコロジカルさ

私も含めて、現代人はどうしても「コスト」にばかり目がいきがちです。ただ、本当に大事なのはそこじゃないですよね。従来のボトル式ウォーターサーバーは、水ボトルの材質にプラスチック樹脂を使用しています。プラスチック樹脂は、生産・運送・廃棄の過程で地球環境に多大なダメージを与えるとされている素材です。

次世代の子どもたちのために地球環境に優しいウォーターサーバーを

例えば、プラ製のストローやビニール袋もどんどん減らしていこうという風潮が生まれていますね。さかなクンもコマーシャルで同様のことを指摘していました。水道直結式ウォータースタンドは、そういったプラスチック樹脂からの脱却を目指した製品でもあります。この「エコ&クリーン」な特徴も、水道直結式ウォータースタンドが好評を博している理由となっているのです。

水道直結式ウォータースタンド(WATERSTAND)の種類

水の温度帯による違いで製品の種類は変わる

水道直結式ウォータースタンドは種類のよって月2,480円から機材をレンタルすることができます。ただし、一番安いウォータースタンド機材だと常温のピュアウォーターしか出てきません。もちろん、「常温でも全然OK!」という方であれば無問題です。体に一番優しいのは常温水だと言われていますものね。

直結式ウォータースタンドから出てくる水温の種類は?

ただ、やはりせっかくウォータースタンドを導入するのなら冷温・常温・高温の3パターンを楽しめる製品が欲しい!という方も多いのではないでしょうか。ちなみに、水道直結式ウォータースタンドの定める「水の温度帯」は以下のとおりです。冷温はしっかり「冷温」でひんやりと。高温はカップ麺を作れるレベルの「高温」でアツアツに。

  • 冷温:4.5~7.5℃
  • 常温:室温+0~1℃
  • 高温:85~93℃

今回は水道直結式ウォータースタンドの種類を簡単に全て見ていきましょう。私が使っているタイプも合わせてご紹介しますね。ちなみに、全部で10種類のバリエーションが存在しますが、今回は人気のメジャー機種だけを5種類ご紹介させていただきます。

種類①:ナノラピア ネオ(タヌキのおすすめ!)

 

この投稿をInstagramで見る

 

.:・゚♡★みるる♡゚・*:.。さん(@miruru.10969)がシェアした投稿

もっとも定番で口コミ・評判でも好評を博している水道直結式ウォータースタンドがこちら。「ナノラピア ネオ」です。常温だけではなく、冷温・高温と全ての温度帯を出すことができます。サイズ感もコンパクトで、置き場所に困らないのも嬉しいところ。私が導入しているのもコレです。

月定額のレンタル料は3,980円ですね。長徳プランだと3,500円の月レンタル料でお得に契約できます。

長徳プランとは?

契約時に10,000円を長徳プラン料金として支払うことで毎月のレンタル料が割引されるプランです。これに加入すると、契約中はずっと480円が毎月のレンタル料から差し引かれます。21か月より長い期間使用を続ける予定があるのであれば加入するのも良いですね。ちなみに、これ言うとアレですが私は入っていません。

種類②:ナノラピア マリン

 

この投稿をInstagramで見る

 

ふーにゃんこさん(@fu.neko)がシェアした投稿

よりコンパクトな置き場所に設置したい方は、ナノラピア マリンがおすすめです。常温・冷温・高温の3パターンが出せるタイプ。ナノラピア ネオをさらに小型化したモデルと考えれば分かりやすいでしょう。月のレンタル料はナノラピア ネオと変わらない価格におさえられています。

月定額のレンタル料は3,980円ですね。長徳プランだと3,500円の月レンタル料でお得に契約できます。

種類③:ナノラピア トリニティ

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆなさん(@1990y0625)がシェアした投稿

ナノラピア トリニティは特に「冷水を多く使いたい方」におすすめの製品です。冷却用のボトルが大きめに設計されていますので、たっぷりとキンキンに冷えたピュアウォーターをたくさん使用できます。その反面、温水機能がオミットされていますので、常温・冷温しか楽しむことはできません。あまり高温は使用しないという方にとっては最適解になるでしょう。レンタル料は上記した「ネオ」「マリン」と同一の価格に設定されています。

月定額のレンタル料は3,980円ですね。長徳プランだと3,500円の月レンタル料でお得に契約できます。

種類④:ナノラピア メイト

 

この投稿をInstagramで見る

 

サラさん(@qianxiehui1)がシェアした投稿

一番お手軽&リーズナブルに、純粋な水を味わいたいのならナノラピア メイトがおすすめです。これはシンプルに常温だけを供給してくれるウォータースタンド。冷温にしたければ、ご家庭にある冷蔵庫で。高温にしたければお鍋やポッドでといった使い方になるでしょう。もっともコンパクトな作りになっており設置場所も一番小さい面積で済みますので台所の小さい賃貸に設置するならコレがよいでしょう。

月定額のレンタル料は2,480円ですね。長徳プランだと2,000円の月レンタル料でお得に契約できます。

種類⑤:プレミアムラピア ステラ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yukie Ideさん(@tempayukie)がシェアした投稿

水道直結式ウォータースタンドのなかでハイグレードモデルといえばこちら。「プレミアムラピア ステラ」ですね。常温・冷温・高温が使用できるのはもちろんのこと、自動除菌機能まで付いています。濾過したピュアウォーターをさらに電気分解して徹底的に除菌した「除菌ピュアウォーター」を精製してくれます。例えば、長期の出張などで一切ウォータースタンドに触れない期間がある場合でも、機材の内部を清潔な状態に保ってくれます。

月定額のレンタル料は5,980円ですね。長徳プランだと5,500円の月レンタル料でお得に契約できます。

紅のたぬきち
紅のたぬきち
私のように毎日、ウォータースタンドを使う方であれば正直、この機能は過剰・オーバースペックなようにも思えますね。ただ、免疫力のまだ弱い赤ちゃんがいるご家庭に置くなら断然、こちらがおすすめです。

スポンサーリンク

水道直結式ウォータースタンド(WATERSTAND)のメリット

メリット①:老舗国内ブランドが売り出す「安心感」

 

この投稿をInstagramで見る

 

ウォータースタンド株式会社【相模原オフィス】さん(@ws_sagamihara)がシェアした投稿

”水”に関する商売はひと昔前の「水素水」をはじめ、ぽっと出てきた新興の怪しい企業が怪しい商品を販売しているケースが多いですよね。その点、「株式会社ウォータースタンド」の場合は、昭和44年創業の官公庁とも取引がある老舗国内ブランドです。平成30年6月時点で社員数288人。資本金5,000万円で売上高は77億5,346万円。言い方は悪いですが、そこらの吹けば飛ぶような零細企業とは「安心感」が違います。

歴史のあるしっかりとした企業だからこそ契約する価値がある!

語弊を恐れずに言うなら、アフターサポートや返品交換などの面倒な手続きをする際に海外メーカーと違って逃げようがないのが個人的には最大のメリットですね。もちろん、こちらのブランドはちゃんと対応してくれますが、なかには電話してもずっと留守電な水販売業者もいますからね。「安心感」は大事ですよ。そこをいくと、こちらの会社さんは盤石ですね。

メリット②:水の残量を気にせずに使用できる

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yoshimi Iijimaさん(@_yoshimi_majiii)がシェアした投稿

これも実際に使用してみて実感できるメリットですね。ぶっちゃけ、私はこのウォータースタンドを設置してからは、お茶を沸かすのもお米を炊くのも料理を作るのも全部このウォータースタンドから出てくる水のみで行っています。従来の台所シンクにある蛇口は汚れた洗いもの専用です。

水ボトル交換式ウォーターサーバーの欠点を克服している

昔、勤めていた会社に設置してあった従来の水ボトル交換式ウォーターサーバーの場合はウォーターボトルの残量をいちいち気にしながら使用しなければいけませんでした。これって、わりとストレスなんですよね。今は、そんなストレスからは解放されています。高純度のクリアウォーターを使いたい放題です。実によきかな。

メリット③:メンテナンスは半年~1年に1回でOK

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kaoru Takahashiさん(@kaoruru_takahashi)がシェアした投稿

ウォーターサーバーは定期的に専門のメンテナンス員によって、点検されるのが一般的ですよね。ただ、私はわりと家をあけていることが多いので、あまりに頻繁にメンテナンスに来られると正直、鬱陶しいのです。その点、水道直結式ウォータースタンドであれば半年~1年に1回程度の頻度でのメンテナンスで綺麗な水を供給しつづけることができます。

適度な距離感で付き合っていけるのが嬉しい

特に女性の方のなかには、見知らぬ点検員を自宅に呼ぶこと自体がストレスになるという方も多いですよね。私も、皆さんご存知のとおり非常に繊細な、粉雪のような人間です。むしろ、もう妖精といっても過言ではありません。見知らぬ人に月1で点検に来られるのは、ものすごく面倒くさい。そんなストレスがないのは非常に嬉しいところです。もちろん、機材が経年劣化で破損したときには、こちらから連絡することで新品機材に無償で交換してもらえます。この適度な距離感も、私が感じたメリットの1つです。

水道直結式ウォータースタンド(WATERSTAND)のデメリット

デメリットとしてよく言われるのが「災害時の対応」だが

水道直結式ウォータースタンドのデメリットとしてよく言われているのが「災害時の対応」です。従来のボトル式ウォーターサーバーの場合は、大規模災害でライフラインがストップしても、ボトル内に残っている水を「非常用水」として活用することができます。

水道直結式ウォータースタンドは被災時には役に立たない

しかし、水道直結式ウォータースタンドの場合はそうはいきませんよね。水道供給がストップされれば、常温・冷温・高温を問わず綺麗な水を出すことはできなくなります。これが、水道直結式ウォータースタンドの最大のデメリットだと言われていますね。

ただ、よく考えてみるとこのデメリットには「(。´・ω・)ん?」と思える部分もあります。

よく聞く水道直結式ウォータースタンドのデメリットはデメリットとは言えない?

従来型のボトル式ウォーターサーバーは、平均して12リットル前後の容量の水ボトルを備えています。仮に、これを消費している最中に大規模災害に見舞われたとして、ボトルに残っている水残量が60%だったとしても7.2リットルしかありませんよね?

7.2リットル程度の水を備蓄できることが、果たしていかほどのメリットになるのでしょう。それをアテにするくらいなら、もっとストレートに災害用の長期保存水を備蓄しておいたほうが良くないですかね。

大規模災害時の水分確保をウォーターサーバーに任せるのは無理がある

また、水道が完全にストップするほどの大規模災害なら、おそらく復旧までに数週間程度は日数が必要ですよね。その期間に「自分や家族の消費する水を確保する」という役割をウォーターサーバーに任せるのは、そもそも無理があるような気がします。

だったら携帯浄水器でも買っておいたほうが良いのでは?

と思ってしまうのです。なので、よく言われている「水道直結式ウォータースタンドのデメリット」は、デメリットとは言えないのでは?と私は思いますね。

スポンサーリンク

水道直結式ウォータースタンド(WATERSTAND)の口コミ・評判

サイズがコンパクトなので柔軟な設置場所に備え付けられる

 

この投稿をInstagramで見る

 

sally.さん(@sally.110)がシェアした投稿

口コミ・評判で目につくのが「設置場所を柔軟に備え付けられること」に高評価を付けている方の意見です。従来型のボトル式ウォーターサーバーは、12リットルほどの水ボトルが本体に搭載されている関係上、どうしても機器のサイズが大型になりがち。台所の上にポンと置くことは不可能でした。水道直結式ウォータースタンドは、ちょっとした調理家電くらいの大きさしかありませんので、柔軟な設置場所に備え付けることができます。

最初はボトル式のウォーターサーバーを使っていたのですが、主人がウォータースタンドを見つけてきて変更しました。設置場所にもこだわり、ダイニングテーブル横のキッチンカウンターに設置。

引用:お客様の口コミ・評判|ウォータースタンド株式会社

メンテナンスにかかる手間が無料なのが嬉しい

日本は「手間にもっともお金がかかる国」です。ちょっと出張メンテナンスを頼むだけで、1万円以上のお金をとられるケースも少なくありません。その点、水道直結式ウォータースタンドであれば、月レンタル料以外はメンテナンス代など一切不要です。

ウォーターサーバーのようにボトル注文の手間や保管場所の確保も必要ないですし、コスト面の手軽さも気に入りました。メンテナンスも担当の方が定期的に無料で実施してくれるので、私たちはお水が必要なときに使うだけ。

引用:お客様の口コミ・評判|ウォータースタンド株式会社

確かな水の美味しさを感じられる

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mia’s Teaさん(@mias_tea)がシェアした投稿

おそらく、皆さんが一番心配しているのが「本当に水道直結式ウォータースタンドでも、美味しい水が飲めるのか?」という点でしょう。水の美味しさを語るのは、非常に難しいですが、私もこちらの口コミ・評判と同じく「ああ、美味いな…」と思わず口から出てしまったのを覚えています。水道水をそのまま飲んだときの雑味が綺麗に取り除けているのは嬉しいところですね。

今まで、ちょっとしたうがいや歯磨きなどは水道水を使用していましたが、 日によって 口に入れると「うっ」と雑味を感じる時がありました。 ウォータースタンドのお水は純水で、いつでも安心して使えます。

引用:お客様の口コミ・評判|ウォータースタンド株式会社

水道直結式ウォータースタンド(WATERSTAND)はダメなの?

少なくとも導入してみて後悔はない

あくまでも私個人の意見ですが、水道直結式ウォータースタンドを導入してみて今ままに「やっぱ、やめときゃ良かったな…」と思ったことはただの1度もありませんね。実はこれ、なかなか珍しいです。毎回、私は後悔することのほうが多いので。

冷却用タンクの容量が少ないか?

レビューである以上、デメリットも挙げないといけない。そんな強迫観念にかられて、あえてデメリットと思える部分を探した結果、思いついたのが「冷却用タンクの容量が物足りない」という部分です。私は、

冷水>>>温水>>>>>>>>越えられない壁>>>>>>>常温水

という感じの使用頻度で水道直結式ウォータースタンドを使用しています。この製品は、スタンドの内部に冷却用のタンクが搭載されており、そこで冷やしたピュアウォーターを供給するという仕組みになっています。この冷却用タンクの容量が、個人的に少し物足りないかなって思いましたね。冷水を主体で使う方は私が選んだ「ナノラピア ネオ」ではなく冷水特化の「ナノラピア トリニティ」を選んで、別に電気ポッドを置くなどの使い方をしたほうが満足できるかもです。

1年未満の契約解除の場合は撤去費が必要となる

 

この投稿をInstagramで見る

 

yukiさん(@t.yuki0201)がシェアした投稿

他のサイトさんにはあまり書かれていませんが、これを書かないのは不誠実だと思いますのでデカく明示しちゃいますね。

水道直結式ウォータースタンドは1年未満の契約解除or1年未満の機種変更をする場合には、1万円の撤去費用が必要になります。

これは公式サイトにもしっかりと記載されています。

公式サイトや資料を熟読してよく考えてから決めてほしい

 

この投稿をInstagramで見る

 

a.weddingさん(@a.wedding.nd)がシェアした投稿

そのため、あらかじめ公式サイトや資料をよく読んでみてからレンタルするかどうかを決めていきましょう。撤去料1万円は大金です。かくいう私も公式サイトから資料請求をして、その資料を熟読したあとで納得して契約しました。資料請求は無料ですので、興味のある方は下記リンクからジャンジャン資料を届けてもらいましょう。気に入らなければ、資料だけ読んでスルーでも何の問題もありません!

定額制で使いホーダイのお水、ウォータースタンド。

スポンサーリンク

まとめ

水道直結式ウォータースタンドが主流になる日も近い?

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yomogimochimochi120301がシェアした投稿

本当はもっと「悪いところ」を挙げようかと思っていましたが、正直に言ってしまうともうこの製品は手放せません。時代が令和に変わった今、「水」はとても貴重な資源です。従来の、水ボトル交換式ウォーターサーバーは工場で濾過した水をいちいちボトルに封入して、その後でトラックにより運送して皆さんのご家庭に届けられます。

ウォーターサーバーの世代交代の流れが

はっきり言ってしまえば、こういった「無駄なコスト」が上乗せされたコスパの悪い従来型ウォーターサーバーは、淘汰される運命にあるのでは?と思っています。「ウォーターサーバーといえば水道直結式ウォータースタンドだよね」と当たり前に言われる日も、そう遠くないかもしれませんね。

紅のたぬきち
紅のたぬきち
それでは、皆さん。よき水ライフをお送りください。最後までお読みいただきありがとうございました!
「タヌドア!」は生涯更新の無料Webマガジン

当サイト「タヌドア!」は、よくあるキュレーションサイトやまとめサイトと違い、管理人のたぬきちが自分自身で書き上げた記事のみを掲載しております。

「生涯更新」をコンセプトに、無料で読めるWebマガジンとして皆さんの生活を豊かにできる情報を発信いたします。Twitter始めました!お気軽に話しかけていただけると、たぬきちは喜びのあまり歌い出します。

「タヌドア!」のTwitterプロフィール

関連記事