DIY

コンロに排気口カバーは必要?人気おすすめIH・ガスコンロ用カバーを紹介

ダイエットのために最近、自炊を積極的にするようになりました。そこでよく使用しているのが家庭用ガスコンロです。皆さんのご家庭にもガスコンロかIHコンロがあるかと思います。私の家にあるのは中央にパカッと開閉する魚焼き用のグリルが付いているタイプ。

この魚焼き用グリルが付いているコンロは本体の上部に排気口が付いています。コンロで調理をすると、この排気口部分に油や汁こぼしが入ってガンコな汚れに!

何とか、お手入れの手間を減らせないかと悩みぬいたその先に、ようやく発見した解決策が「排気口カバー」です。今回は、人気のIHからメジャーなガスコンロにまで対応した排気口カバーをご紹介します。

  1. 家庭用コンロのガンコな汚れ掃除をラクチンにしたい方。
  2. ご家庭にあるコンロを少しでも長持ちさせたい方。

はぜひ、当記事を参考にしてください!

目次

コンロに排気口カバーは必要?

家庭用コンロに排気口カバーは必須アイテム

 

View this post on Instagram

 

さん(@e_ie.2019)がシェアした投稿

まず結論から。家庭用コンロに排気口カバーは絶対に必要です。皆さんのなかには、「専用のコンロ用排気口カバーなんて買わなくてもアルミホイルでふさいじゃえばOKでしょ?」と思っている方がいますよね。私もそうでした。ただ、これ絶対にダメですよ。

グリルを使用しないときには排気口を閉じておきたい

コンロに付いている魚焼き用グリルは、サバやホッケを焼くだけではなくいろいろなグリル料理に使えます。グリルを使った調理時にでる煙を効率的に外に出してくれるのが「排気口」です。ただ、グリルを使用しないときには排気口をそのままポッカリと全開にしておく必要はありませんよね。

フライパンを使った焼き料理や揚げ物で周囲に飛散する油。傷め料理でフライパンを振るったときにこぼれ落ちた食材。お味噌汁の吹きこぼしなどが排気口のなかに入ってしまうことも多々あります。

ベタベタ汚れがたっぷり付着する

特に、普段あまりグリルを使わない方にしてみれば、排気口をそのままの状態で開いておくメリットは全くありません。メッシュタイプの排気口だと、編み目にベタベタした汚れが付着して、ただただお掃除の手間が増えるだけの部分。まさに「無用の長物」です。

だからといって、アルミホイルなどで排気口を完全にふさいでしまうのは、先で言ったように絶対にNGです。家庭用コンロのなかには、排気口をコンロ内部の空気を循環させるための通り道として設計しているものがあります。特にIHコンロの場合には、排気口を完全に密封してしまうと故障や事故の原因となることも。

コンロ用排気口カバーがあれば?

 

View this post on Instagram

 

川口工器 公式ショップCraftpark K5さん(@craftparkk5)がシェアした投稿

そこで重宝するのがコンロ用排気口カバーです。エアフローを阻害せずに、汚れのみをピンポイントでガードしてくれるので一部のIHコンロであっても故障や事故の心配はありません。汚れだけではなく、油を寄せ付けない素材が使用されているのでサッとふくだけでお掃除完了。

排気口カバーで台所環境はより良くなる

使い捨ての簡易カバーであれば、そのまま排気口カバーをポイッとゴミ箱に入れて新しいカバーと取り換えるだけ。また、繰り返し使える排気口カバーのなかには、カバーの上に調味料ラックが付いているタイプもあります。しかも、お値段もお手頃。これがコンロ用排気口カバーが必須の理由。それでは以下の項で簡単にコンロ用排気口カバーの選び方を見ていきましょう。

スポンサーリンク

コンロ用排気口カバーの選び方

コンロサイズを調べよう

サイズ(横幅)ガスであれIHであれ、製品によってコンロのサイズは変わってきます。コンロ用排気口カバーを用意するのであれば、あらかじめご家庭にあるコンロのサイズを計測しておきましょう。100円均一のメジャーで十分です。コンロの型式番号が分かるなら、ググって調べるのもアリですね。カバーは長すぎれば上手く装着できませんし、短すぎればカバーと本体の隙間から汚れ・油が侵入してしまいます。せっかく、お金を出して購入した排気口カバーを無駄にしないためにも、あらかじめコンロサイズを調べておきましょう。

カラーとデザインを参考にしよう

 

View this post on Instagram

 

@et_casa_internoがシェアした投稿

ただ単に、排気口を汚れや油からガードしたいだけならば、色やデザインを気にかける必要は全くありません。機能性を重視した選択をすればOKです。ただ、やはり台所・キッチンもインテリアを構成するパーツの1つ。せっかく排気口カバーを用意するのであれば、愛用しているコンロにぴったりマッチしたカラーとデザインをした商品を選ぶのがベストです。無難なチョイスはコンロと同系色を選ぶこと。暗めの色合いをしたコンロであれば、カバーも同じく暗めのものを。光沢カラーのIHコンロであれば、カバーも同じく光沢カラーのものを選べば間違いはありませんね!

コンロ用排気口カバーのメリット&デメリット

メリット&デメリットを把握しよう!

それではコンロ用排気口カバーのメリット&デメリットを簡単にまとめて見ていきましょう。どんな商品にも必ず、メリットのほかにデメリットが存在します。両方を把握して、ベストなコンロ用排気口カバーを選ぶ際の参考にしていきましょう!

コンロ用排気口カバーのメリットは?

コンロ用排気口カバーのメリットは下記のとおりです。

  1. コンロまわりのお掃除が楽になること。
  2. コンロを長持ちさせることができること。
  3. 調味料ラック付きのカバーであれば、調理作業を効率化できること。
  4. コンロまわりの見た目をカバーでアレンジして、おしゃれに飾れること。

お掃除やコンロの寿命という点以外にも、コンロ用排気口カバーを付けるメリットはいろいろ見つけられます。単に利便性という観点からカバーを使用するのも良いですが、キッチンインテリアとして活用するのもおすすめ。あなたのセンスにあったインテリアキッチンであれば毎日のお料理がさらに楽しくなってくることでしょう。

コンロ用排気口カバーのデメリットは?

私の自宅にあるコンロは2口ですが、最近では3口、4口と火口の多いコンロが増えていますね。3口以上、火口があるコンロの場合には、排気口カバーを付けると中央の火口に大きなフライパンを置けなくなる場合があります。排気口カバーと大きめのフライパンが干渉してしまうわけですね。基本的に手から遠くなる中央の火口で大きな調理用具を使用する方は少ないと思いますが、もしも頻繁にその部分を使うという方はカバーのサイズをコンパクトなものにしておく必要がありますね。

コンロ用排気口カバーを使用するときの注意点!

もしも、コンロ用排気口を装着した状態で、魚焼き用グリルを使用するときには排気口カバーを取り外しておきましょう。これがなかなか面倒くさいと思われる方が多いですよね。もしも、カバーの脱着が面倒だなと思われる方は、「スライドさせて開閉できるタイプのカバー」を選ぶのがおすすめです。手でスッとずらすだけで煙の排気口を確保できる仕組みの製品もあります。カバーを閉めたままグリル料理をするのは、コンロの故障や事故に繋がる危険性がありますので注意してくださいね。

スポンサーリンク

コンロ用排気口カバーおすすめ4選!

さまざまな排気口カバーを見ていこう

さて、それではここからは具体的なコンロ用排気口カバーの人気おすすめ製品を見ていきましょう。渋い見た目でどんなコンロやキッチンにもぴったりと合うステンレス製の排気口カバーのなかでも特に人気の高いおすすめ製品だけをご紹介します。カラーやデザイン、利便性などの特徴を簡単にお伝えしますので、排気口カバーを選ぶ際の参考にしてください!

コンロ用排気口カバーおすすめ①

山崎実業 排気口カバー タワー

山崎実業から販売されているコンロ用排気口カバーがこちら。ノーマル・ワイド・棚付きの3バリエーションが用意されており、それぞれが粉体塗装のスチール製です。色はブラックとホワイトの2カラーがあります。艶の少ないシックな塗装は、チープさを感じさせない上品な仕上がり。スライドさせることで横幅を合わせられるタイプで、約44~82cmのサイズのコンロに対応できます。

悪目立ちしない落ち着いたデザイン

IHコンロは、黒や白で塗られている製品が多いですよね。こちらのカバーは、キッチンインテリアのアクセントとしては地味かもしれません。ただ、「悪目立ちしない」というのも、インテリアを飾るうえでは重要です。魚焼き用グリルを使用する際には、パタッと後ろに倒すだけ。いちいち開閉する必要はありません。山崎実業さんの工夫が凝らされた、シンプル&スタンダードな製品ですね。

スポンサーリンク

コンロ用排気口カバーおすすめ②

Belca(ベルカ) ベラスコート コンロ排気口カバー

「Belca(ベルカ)」から販売されているコンロ用排気口カバーがこちら。国内生産工場で作られた一品です。アルミニウム合金製で、錆びに強いのが特徴。ホームセンターに売られているような廉価版よりも少しだけお値段はかかりますが、そのぶんだけ長く使い続けることができます。「Belca(ベルカ)」のコンロ用排気口カバーは、特製のベラスコート塗装が施されているのが魅力です。

ベラスコートはこのメーカー独自の対汚染性、耐摩耗性、抗菌性など優れた特性を対象に付与できる新規格の塗装技術で、こちらの製品にも採用されています。参考|株式会社伸晃ベラスコート:公式HP

油のハネを寄せ付けない優れた機能性

このベラスコート塗装によって、汚れはもちろん、油のハネも寄せ付けない高品質なコンロ用排気口カバーに仕上がっています。サイズは60cmコンロ用と75cmコンロ用の2種類。カラーは黒・白が用意されています。

コンロ用排気口カバーおすすめ③

クロネコキッチン コンロカバー

クロムメッキが施された安心の耐久性を誇るスチール製の排気口カバーがこちら、「クロネコキッチン コンロカバー」です!もうこのセンス抜群のデザインだけでも惚れてしまう方が多数出ている穴場の製品。もちろん日本製。新潟県内のある工場で組み上げられています。広めに作られたカバーは、コンロ使用時にはパカッと立てかけられます。

夫婦クロネコの可愛らしさと機能性の両立!

コンロを使用しないときにはカバーをかけることで、コンロ台が作業スペースに早変わり!従来の排気口カバーではありえなかった柔軟な使い方ができるのが魅力の一品です。こちらは、特に愛猫と生活をともにしている方におすすめのコンロカバー。火口全体を隠せますので、万が一の猫ちゃんの火傷を防ぐこともできます。スチール製なのでカバーに燃え移る心配もありません。

スポンサーリンク

コンロ用排気口カバーおすすめ④

アーネスト コンロ奥 カバー&ラック ALLステンレス A-76574

「アーネスト」から販売されているオールステンレス製の頑強なコンロ用排気口カバーがこちら。ちなみに「アーネスト」は、新潟県に本社を構える国産メーカーで、日用品全般を取り扱う確かな技術力を持つ老舗企業です。錆びに強い性質をもつステンレスで作られた製品で、カバーのうえには少し大きめの鍋でも置くことができるスペースが確保されています。鍋のほかにも調味料ラックとして高い利便性を発揮してくれます。

サイズはコンロ幅63cm以下、コンロ高さ1.5cm以下に限られます。一般のご家庭にあるコンロであれば、ほとんどが対応できるかと思いますが一応、ご自宅のコンロサイズをチェックしておきましょう。

細部にまでこだわりが光る一品!

特にコンロ用排気口カバーのような金属製品のなかには粗悪な品も紛れています。「アーネスト」の製品は、昭和56年創業から培われた技術とこだわりによって、細部まで精巧に作られているのが特徴です。熱源の近くに置くコンロ用排気口カバーですから、できるだけ安心して使用できる製品を選びたいですね。「アーネスト」のコンロ用排気口カバーであれば、きっと満足できると思いますよ!

まとめ

排気口カバーでおしゃれに汚れを防止!

利便性もさることながら、台所・キッチンをおしゃれに変貌させてくれるコンロ用排気口カバー。このアイテムを上手に活用して、汚れや油をしっかりとガードしながら、毎日の調理を楽しく彩っていきましょう。排気口カバーはいろいろなメーカーによってさまざまな製品が販売されています。ぜひ、皆さんのセンスに合う排気口カバーを選んでみてください!

「タヌドア!」は生涯更新の無料Webマガジン

当サイト「タヌドア!」は、よくあるキュレーションサイトやまとめサイトと違い、管理人のたぬきちが自分自身で書き上げた記事のみを掲載しております。

「生涯更新」をコンセプトに、無料で読めるWebマガジンとして皆さんの生活を豊かにできる情報を発信いたします。Twitter始めました!お気軽に話しかけていただけると、たぬきちは喜びのあまり歌い出します。

「タヌドア!」のTwitterプロフィール