アウトドア

格安ベアフットシューズおすすめ10選!安い&コスパ抜群のメレルやテスラなどを紹介!

ソールの厚みが通常のランニングシューズよりも圧倒的に薄いベアフットシューズ。

人間の本質的なパワーを呼び起こしてくれる革新的なシューズが、全米をおおいに賑わせたのをご存知でしょうか。

一時期はブームにのって、「いや価格が高すぎやろ!」と突っ込みを入れたくなるくらいに高騰していたベアフットシューズ。初心者向けのものでも、やたらと1万円を超えていた印象があります。最近ではブームもひと段落し、価格が安い&コスパに優れた製品も多数、市場で見られるようになりました。

今回は、そんな格安のベアフットシューズを多く販売している人気のメーカーにスポットをあててご紹介したいと思います。室内でも屋外でも、どちらにも使用できる魅力的なおすすめベアフットシューズを、ぜひこの記事でチェックしてみてください!

目次

ベアフットシューズとは?

トレーニングの効果を向上させる革新的なシューズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

merrell_japanさん(@merrell_japan)がシェアした投稿

ベアフットシューズとは、ごく簡単に言ってしまえば「ソール(靴底)が非常に薄く作られているトレーニングシューズ」です。通常のランニング&ジョギングシューズといえば、足への負担を減少させるためにソールが分厚く設計されていますよね。ベアフットシューズはその真逆。あえて、ソール部分を薄くしつつ、最低限のガード性能や排水性・透湿性・携帯性を追求した革新的なトレーニングシューズなのです。

ベアフットシューズの特徴は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

MUKISHOESさん(@mukishoes)がシェアした投稿

ベアフットシューズの特徴は、ソールの薄さだけではありません。最大の特徴は、「室内・室外の両面で使用可能なところ」です。特にジム通いをされている方のなかには、「ジムまで通うときに履く靴」「ジム内で使う靴」を別にしている方も多いでしょう。ベアフットシューズであれば、コンパクトなうえに非常に軽量ですので、持ち運ぶのも簡単です!

ベアフットシューズの効果は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

VIVOBAREFOOTさん(@vivobarefoot)がシェアした投稿

ベアフットシューズの効果は、人間が本来持っている潜在能力の解放にあります。もともと、江戸時代の飛脚(ひきゃく)は裸足に近い足袋(たび)を履き、全国を走って回っていました。現代人には考えられませんよね。今の時代の人たちは、優れたランニングシューズを開発したことにより、200年前に持っていた本来の脚力の多くを喪失しています。

ソールが分厚くフカフカの靴によって、脚力が「甘やかされている」のです。

これを目覚めさせる効果があるとされるアイテムがベアフットシューズ。その起源は南米の奥地で暮らす「世界最高の長距離走破力」をもつと称されるタラウマラ族にあるとされています。詳細については下記記事にてご紹介しております。記事末尾にもリンクがありますので、気になる方はあとでチェックしてみてください。

登山でのトレイルランニングからジムやマリンスポーツまで

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barefoot Girls 👣さん(@barefoot_feeling)がシェアした投稿

そんな足を鍛えるベアフットシューズ。活躍場面は非常に広範です。普段使いでのラン&ウォークのほかにも、例えば最近になってまた流行に兆しを見せている登山でのトレイルランニング。それに、ジム内で使用するルームシューズの代わりや、ヨガシューズとして。さらに、海水浴や川遊び・ウォータージェットなどのマリンスポーツで使うことも可能なのです。じわじわと、着実に国内で再浸透しているベアフットシューズ。令和の時代に生きるトレーニーにとってのマストアイテムになりつつありますね!

スポンサーリンク

安い&コスパ抜群のおすすめ人気メーカーは?

おすすめ人気メーカー①:「メレル(MERRELL)」

 

この投稿をInstagramで見る

 

スポーツマリオ アリオ亀有店さん(@sportsmario_kameari)がシェアした投稿

「メレル(MERRELL)」は1981年創業の老舗シューズメーカーです。ベアフットシューズの本場であるアメリカで、1人の天才靴職人「ランディ・メレル」氏が生み出した1足のハイキングシューズからスタートした知る人ぞ知る1流メーカー

センスが光る妥協なきベアフットシューズ・メーカー

いっさいの妥協を許さない―。創業以来、貫き続けるポリシーのもと、メレルはクオリティを極めるとともに、「新しさ」へのチャレンジ精神も持ち続けてきました。それが各時代で名作を生み出し、世界で愛されるブランドへと成長させたのです。

出典:ヒストリー|MERRELL(メレル)

シューズ作りにおいて、一切の妥協を許さない。これを創業以来のポリシーとして掲げ、今この瞬間もさまざまな分野で活躍できるシューズを開発しています。もともとランディ・メレル氏はアウトドアをこよなく愛する方で、クライミングやスポーツの分野で性能を発揮するシューズの制作に意欲的でした。「メレル」の開発するシューズは、非常にお手頃な安い価格を維持しながら、1流メーカーのこだわりが随所に光る製品に仕上げられています。

おすすめ人気メーカー②:「テスラ(TESLA)」

 

この投稿をInstagramで見る

 

tesla_japanさん(@tesla_sportsgear)がシェアした投稿

特に格安でコスパに優れたベアフットシューズを多く販売しているメーカーが「テスラ(TESLA)」です。2007年にシューズメーカーとして産声を上げたブランドで、まだ知名度こそ少ないですが、アジア各国に拠点を置く新進気鋭の企業。日本に流通しているものの多くはアジアの工場でコストをおさえつつ品質管理をされながら生産されています。

アジア圏に拠点を置く注目のシューズメーカー

もともとはトライアスロンスーツや、ハイエンドのラッシュガードメイドの技術を持っていた企業。これらのテクノロジーを靴制作に反映させる形で継承されたのが「テスラ」のベアフットシューズです。日本を含めたアジア圏の人々の足型に最適化された、「履きやすい=機能的」なシューズを多く揃えてくれています。

おすすめ人気メーカー③:「ナイキ(NIKE)」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nike Sportswearさん(@nikesportswear)がシェアした投稿

「ナイキ(NIKE)」はアメリカのオレゴン州に本拠地を置く、もはや知る人のいないレベルの1流スポーツメーカーですよね。「エアマックス」などの分厚いソールを備えたスポーツシューズが多いイメージですが、実はベアフットシューズに類する製品もおさえてくれています。

他メーカーとはひと味もふた味も違う「ナイキカラー」

詳しくは製品紹介の項で解説しますが「ナイキ」の販売するベアフットシューズは、他メーカーのものとはひと味ふた味も違った魅力を備えています。ソールの厚みを削るのではなく、一定程度を維持しつつベアフットシューズ本来の効果を発揮できるように改良された独自の製品。一見すると価格こそ高めですが、安定感のある品質と信頼性は国内外から高い評価を受けています。

おすすめ人気メーカー④:「アディダス(adidas)」

 

この投稿をInstagramで見る

 

東京.日本_アディダス_Y3 🇯🇵さん(@japan.adidas_y3)がシェアした投稿

「アディダス(adidas)」はドイツのバイエルン州に本拠地を置くスポーツメーカーです。こちらも世界的に超有名な企業ですね。

特にサッカーファンの方たちにとっては馴染みの深いメーカーでしょう。日本代表のユニフォームを制作しているのも「アディダス」です。

実は「アディダス」というメーカーの始まりは1足の靴にありました。アディダスの創始者である「アドルフ・ダスラー」氏は、ドイツにある靴職人の家に生まれ、自身も1920年に兄である「ルドルフ・ダスラー」氏と共同で靴製造会社を設立。そこから28年後の1948年に、兄弟がそれぞれ独立する形で分かれ、弟である「アドルフ」氏は「アディダス社」を。兄である「ルドルフ」氏は「プーマ社(の前身であるRUDA社)」を設立したのです。

コアトレーニング向きのシューズは脚力と記録の向上に貢献

そんな有名メーカーのなかでも特に歴史の深い「アディダス」も、ベアフットシューズを開発販売しています。コアトレーニングに向いた脚力と記録を伸ばすためのアディダス製ベアフットシューズは、その高い効果に裏打ちされた秀品に仕上がっています。

格安ベアフットシューズおすすめ10選!

安い&コスパに優れたベアフットシューズだけをピックアップしてご紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jake Taaviさん(@jake.taavi)がシェアした投稿

さて、それではいよいよ安い&コスパに優れたベアフットシューズだけをピックアップしてご紹介していこうと思います。先ほどご紹介した4つのシューズメーカーが自信をもって世に出しているベアフットシューズ。それらのなかから、特に管理人が「これ安いな」「これコスパ良いな」と思えるものだけを厳選しました。

「価格が安い」の定義とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Fracture & Orthopaedic Clinicさん(@fractureandorthopaedicclinic)がシェアした投稿

「価格が安い」の定義は人によってさまざまですよね。「価格が安い」と言いつつ何万円もするようなシューズを紹介していたのではお話になりません。個人的には、1万円以下で買えるようなもの。もっといえば「1万円あればお釣りがでるもの」が、「価格が安い」という条件に当てはまるのではないかと考えています。そこで、今回は1万円程度の予算でゲットできるベアフットシューズだけに限定させていただきました。安いものならば、予算の半分以下で購入できるものも。

なお、当記事は2019年9月26日時点の情報をもとに作成されております。できるだけ情報の更新はしますが、価格や在庫状況については相場により変動する可能性がありますのでご注意ください。

スポンサーリンク

格安ベアフットシューズおすすめ①

メレル(MERRELL) ベイパーグローブ3ルナ Vapor Glove 3 Luna

こちらはメレルのメンズ向けベアフットシューズ、「ベイパーグローブ3ルナ」です。ソールに使用されているのは「ヴィブラム(Vibram)」。これはイタリアの靴メーカー「ヴィブラム(Vibram)」社が開発した特製ソールで、優れたグリップ力と抜群の耐久性を備えた高品質な靴底となっています。ハイエンドな登山靴やトレーニングシューズのソール部分は、この「ヴィブラム(Vibram)」が使用されていることが多いですね。

安い&コスパに優れたベアフットシューズの特徴は?

アッパー材はメッシュ構造になっています。通気性と防湿性を両立しつつ、軽さまで追求したこだわりの一品。初心者から上級者まで、幅広い層におすすめできるコスパに優れたベアフットシューズに仕上がっています。登山・トレッキングから、ウォーキングやランニング。そして、室内ジムでのトレーニングにも使用できる製品です。グリップ力と柔軟性に富んだ設計になっていますので、ボルダリングやクライミングの際に履くシューズとしても活躍してくれます。

格安ベアフットシューズおすすめ②

メレル(MERRELL) フィットネスシューズ ベイパーグローブ3 ウィメンズ

レディース向けのベアフットシューズとして人気が高いのがこちら。メレルのベイパーグローブシリーズから販売されている「ベイパーグローブ3 ウィメンズ」です。22.5cmからサイズを選ぶことができるのは嬉しいですね。ヴィブラム社が開発している特製の0mmドロップフラットソールを採用。これは足の前からカカトまでのソールが平らに作られているのが特徴です。足に自然と吸い付き、まるで裸足のような使用感をユーザーにもたらしてくれます。

安い&コスパに優れたベアフットシューズの特徴は?

レディース向けに少し小さめに設計開発されているベアフットシューズ。サイズは余裕をもって選ぶのがおすすめです。ただ、「少しキツメかな?」と感じても、ベアフットシューズの場合はアッパー生地のメッシュが多少は伸縮してくれますので、使っているうちに馴染んでくれるケースもありますね。ラベンダーのような上品な紫色と、新芽のような淡い緑色の2種類から選べます。室内・室外の両方で使用できますので、自由度の高い使い方が期待できるでしょう。

スポンサーリンク

格安ベアフットシューズおすすめ③

メレル(MERRELL) フィットネスシューズ ベイパーグローブ3 メンズ

メレルの格安ベアフットシューズのなかでも、メンズ向けに開発されている製品です。メレルのベアフットシューズは、どちらかといえば靴幅がキュッと閉じている製品が多いですが、こちらは逆。かなり幅にゆとりがある設計になっていますので、足のサイズが大きめの男性に向いています。サイズの選択はジャストサイズがおすすめ。ただし、気になる場合には、必ず現物を確認してください。

安い&コスパに優れたベアフットシューズの特徴は?

厚さ10mmのヴィブラムソールは、地面の感触をダイレクトに脚に伝えてくれます。落ち着いたブラックとブルーの2色は、普段使いでも使いやすい人気のカラーです。短距離から長距離まで対応できる本格的な足・脚強化向けのベアフットシューズ。初めて使う方は、おそらくその強烈な負担と効果に驚愕することでしょう。はじめは無理なくトレーニングを続けてください。

格安ベアフットシューズおすすめ④

メレル(MERRELL) スニーカー ベイパーグローブ3ラックス メンズ

こちらもメレルのメンズ向けベアフットシューズになります。「ラックス」はソールの厚みが10mm。ヒールの高さが他製品よりも少し高めの1.5cmに設計されています。ヒール部分が高めですので、また違った履き心地になります。ただ、初めてベアフットシューズに触れる方であれば、むしろこちらのほうが違和感なく馴染めることでしょう。

安い&コスパに優れたベアフットシューズの特徴は?

ソール素材はヴィブラム製の高品質材を採用。メイン素材にナイロンを使用した軽量ながらも頑丈な製品に仕上がっています。特徴的なのは、やはりそのデザイン。いわゆる安価なトレーニングシューズでは実現できないユニークなパロマカラーが目を引くおしゃれな一品です。屋外・屋内の両方で使用できる製品。フォアフット(後足)走行からベアフット(前足)走行への転換シューズとしても、ランナーの方たちに愛用されています。

スポンサーリンク

格安ベアフットシューズおすすめ⑤

メレル(MERRELL) トレイルランニングシューズ トレイルグローブ4ニット ウィメンズ

どうしてもトレーニングシューズはメンズ向けの大きいものが多いですね。できれば、レディース向けの良品も可能なかぎりご紹介したいところ。そこで、ピックアップしたのがこちら、メレルの「トレイルグローブ4ニット ウィメンズ」です。サイズは22.5cmから選択可能。ソールはもちろんヴィブラム製のハイエンド素材を採用しています。カラーバリエーションはライムとコーラルの2色。どちらも高級感のある仕上がりです。

安い&コスパに優れたベアフットシューズの特徴は?

自然な山野のロードを走る「トレイルランニング」にも使用できるように作られている製品です。ソールの厚みは1.5cmとこれまでご紹介してきた「ベイパーグローブシリーズ」より+0.5cm厚め。ただ、もちろんこちらでも十分なベアフット効果を得ることができますので安心してください。高低差のないフラットソールで、十分なフィット感を獲得しながら思い思いのトレーニングに活用しましょう。

格安ベアフットシューズおすすめ⑥

テスラ(TESLA) ベアフット ランニングシューズ BK30-31-32 メンズ

「安い&コスパ抜群」という部分を重視するのなら、テスラを紹介しないわけにはいきません。こちらのベアフットランニングシューズは、驚異的な価格の安さとアジア圏の足型に最適化された設計構造が魅力の製品です。メンズ向けでサイズは25.0cmから選択可能。カラーバリエーションも豊富なので、個性に合わせたチョイスができます。

安い&コスパに優れたベアフットシューズの特徴は?

もちろん、安いだけではなく品質も良好です。2mm厚のソールは、ベアフットシューズらしい裸足感覚を実感できます。室内&室外の両方で使用できますので、ランニングシューズとしてはもちろん、ジム用のルームシューズとしても活躍してくれるでしょう。ただし、価格が安いなりに耐久性はそこそこ。個人的にはジム用の室内履きに利用するのがおすすめです。ガンガンに使う場合には、「消耗品」としての割り切りも必要になります。

格安ベアフットシューズおすすめ⑦

テスラ(TESLA) マリンシューズ ウォーターシューズ 水陸両用 アクアシューズ 男女・キッズ兼用 A101

ベアフット効果を期待できる薄いソールをした一風変わった製品がこちら。水陸両用で使用できるマリン&ウォーターシューズです。男女兼用のデザインで、サイズもお子様向けの18.0cmから最大29.0cmまで幅広く揃えられています。ゴム紐付きとゴム紐なしの2バリエーションに加えて、色の種類もかなり豊富に用意されています。

安い&コスパに優れたベアフットシューズの特徴は?

メイン素材は丈夫なポリエステル。そこにエアーファブリックでコーティングして通気性と防湿性を両立。ブランドの名に恥じないおしゃれでカッコイイor可愛い製品に仕上がっています。もちろん、海や川だけではなくジムやヨガでも使用できますので、トレーニー全般におすすめ。お子さんへのプレゼントとしても良いかもですね。

格安ベアフットシューズおすすめ⑧

ナイキ(NIKE) フリーラン 2018 メンズ

ナイキの販売しているベアフットシューズは、いわゆるソールが薄い設計になっている靴とは少し趣向が違います。ソールの厚みや耐久性はそのままに、「裸足での疾走感」とベアフット効果を実現できるように独自の進化を遂げた「フリーラン・シリーズ」が有名。こちらは特に人気の高い2018年モデルのメンズ向け製品となっています。

安い&コスパに優れたベアフットシューズの特徴は?

ソールの材質を特に柔らかいものに変更。足の動作に合わせて柔軟に形状を変化させてくれます。これにより、ソールの高さを維持しつつ、裸足のような使用感を実現しているのです。室内履きは想定されていませんので、基本的には屋外での使用がおすすめ。ランニングやウォーキングなどに使用するのはもちろん、普段履きでファッションに取り入れているユーザーも多いですね。

格安ベアフットシューズおすすめ⑨

ナイキ(NIKE) フリーラン 2018 ウィメンズ

同じくナイキの「フリーラン・シリーズ」から販売されているランニングシューズ。こちらはレディース向けの2018年モデルとなっています。サイズは23.0cmから選択が可能です。桜色を思わせるカラーとおしゃれで可愛らしいデザインのなかには、ナイキの確かな技術力が息づいています。

安い&コスパに優れたベアフットシューズの特徴は?

フィット感を重視した伸縮性と柔軟性のある素材で構築されたフリーラン。初心者から上級者まで、走り方の練度によって最適な形状に変化してくれるこちらの製品は、「これからランニングやウォーキングを始めようかな」と考えている女性ユーザーに自信をもっておすすめできる一品です。

格安ベアフットシューズおすすめ⑩

アディダス(adidas) トレーニングシューズ アディピュア ADAPT ランニング シューズ

アディダスが販売しているベアフットシューズは「アディピュアADAPT・シリーズ」が有名です。スリッポン式で、密着感のある履き心地を達成したアディダス製のベアフットシューズは国内外で多くのファンを生んでいます。そのため、実店舗・通販サイトを問わず、品薄状態になっている場合も多く、入手しずらいのが唯一の難点。

安い&コスパに優れたベアフットシューズの特徴は?

ランニングやウォーキングでのベアフット走行がしやすいようにソールやアッパーの素材に工夫が施された本格派の製品。それでいて、価格はお手頃の安さでコスパに優れているのですから、人気が高いのも頷けますね。室内・室外の両面で活躍してくれる一品です。

まとめ

まずは普段のウォーキングからベアフットシューズ・ライフを始めよう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Barefoot Girls 👣さん(@barefoot_feeling)がシェアした投稿

今回は「安い」「コスパ」の2つの側面から、おすすめのベアフットシューズを見てきました。現代人の多くは慢性的な運動不足だといわれています。この機会に、ぜひベアフットシューズを生活に取り入れ、ウォーキングやランニングなどの運動を実践していきましょう!

ベアフットシューズやスポーツに便利なグッズのおすすめ情報は?

当サイト「タヌドア!」では、他にもベアフットシューズやスポーツを便利にしてくれるアイテムについての情報がたくさん掲載されております。よろしければ、こちらの記事もご覧になってみてください!

初心者におすすめな最新ベアフットシューズ13選!効果や正しい歩き方は?ベアフットシューズ。それは究極まで機能を削ぎ落した至高のシューズです。 皆さんはスポーツ用やアウトドア用に専用のシューズを持ってい...
【最新】心拍計付き腕時計おすすめ9選!ランニングなどに最適な高精度の製品はコレ!心拍計付き腕時計は、効率的なトレーニングをしたい方におすすめのアイテムです。心拍数だけではなく血圧や消費カロリー。さらに運動量や天気情報まで全て把握できる最先端の心拍計付き腕時計のなかから、おすすめの製品だけをピックアップしてご紹介します!...
本物のホールドチューブおすすめ12選!メリットや種類まで詳しくご紹介!本物のホールドチューブのおすすめ製品をご紹介!偽物を完全排除。公式から販売されている本物のホールドチューブについて、そのメリットや種類を詳細に解説します。普段使いからアウトドアシーン。さらにはイベント&フェスにジョギングにまで活躍してくれるおしゃれなホールドチューブはコレ!...
「タヌドア!」は生涯更新の無料Webマガジン

当サイト「タヌドア!」は、よくあるキュレーションサイトやまとめサイトと違い、管理人のたぬきちが自分自身で書き上げた記事のみを掲載しております。

「生涯更新」をコンセプトに、無料で読めるWebマガジンとして皆さんの生活を豊かにできる情報を発信いたします。Twitter始めました!お気軽に話しかけていただけると、たぬきちは喜びのあまり歌い出します。

「タヌドア!」のTwitterプロフィール

関連記事