DIY

シンプソン金具で2×4材を接合!種類一覧や使い方・家具やガレージの使用例を解説!

DIYに本気で取り組むのならシンプソン金具はぜひ知っておきたいアイテムの1つ!

2×4材を簡単に接合させることができるシンプソン金具をご存知でしょうか?

アメリカのDIY市場を席巻した抜群の使い勝手を誇るシンプソン金具。この金具は、とても多くの種類がメーカーより販売されています。DIYでお馴染みの材料、2×4材を金属製のシンプソン金具を「中継ぎ」にして接合していけば、ベッドや棚はもちろんガレージなども簡単に組み上げることができるのです!

今回は、欧米DIYの人気アイテム。シンプソン金具の概要から種類の一覧。そして、実際のDIYでの使い方までを皆さんにご紹介させていただきます!

また、実際の使用例についても画像付きでご紹介しますね。シンプソン金具の全てを知りたい方は、ぜひ最後までお付き合いください!

目次

シンプソン金具とは?

アメリカの本社を置く「シンプソン社」が開発販売しているメタル接合パーツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

☺︎☺︎swgc.jk☺︎☺︎さん(@swgc.jk)がシェアした投稿

シンプソン金具は、アメリカに本社を置く「シンプソン(Simpson)社」が開発販売している木材接合用のメタル接合パーツです。2×4材と呼ばれる規格の木材同士を、シンプソン金具を中継させることで簡単に接合させることができます。

2×4材とは?

2×4材とは、もともとはアメリカの建築工法で使用されてきた木材規格のこと。この材料を使用された工法は「2×4(ツーバイフォー)工法」と呼ばれます。2インチ(38mm)×4インチ(89mm)のサイズで統一された木材を使用して、効率的&低コストで安定した品質の建築物を大量生産可能です。

紅のたぬきち
紅のたぬきち
今では、日本の建築物もその多くが2×4材を使用した「2×4工法」で建てられています。古くからの日本式木造建築はどんどんその姿を減らしていますね。少し寂しい気もします…。

シンプソン社は「木製ドアメーカー」として100年以上建築分野で活躍してきた

 

この投稿をInstagramで見る

 

Preston and Scott Proutyさん(@solidsolutions_construction)がシェアした投稿

シンプソン社は、アメリカ合衆国のなかでもトップレベルのシェアを誇る「2×4金属コネクター」の開発メーカーです。もともとは「木製ドア」をメインに開発している職人気質の会社で、100年以上建築分野で活躍してきた実績のある企業となっています。シンプソン金具も、そんな匠の技が随所に取り入れられているのが特徴&魅力ですね。

シンプソン金具の素材は「鉄」と「溶解亜鉛メッキ」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Deguire Designさん(@deguiredesign)がシェアした投稿

無骨な見た目が魅力的なシンプソン金具。機能性と実用性を追求した結果、このデザインに行きついたのでしょう。シンプソン金具の素材は、イメージのとおり「鉄」となっています。鉄で成型されたシンプソン金具は、耐久性や寿命を延ばすために「溶解亜鉛メッキ」で丁寧にコーティングが施されています。

プロから初心者のDIYにまでシンプソン金具は活用されている!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Adam Trompさん(@tromps__landscape_services)がシェアした投稿

2×4材は今ではプロからアマチュアのDIYにまで広く使用される材料となりました。2×4材専用の接合コネクターであるシンプソン金具も、そんな2×4材の普及にともなって爆発的に人気が上昇したアイテムです。今では、プロの職人から初心者の日曜大工にまで活用されているシンプソン金具。その特徴を順に見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク

シンプソン金具の特徴

シンプソン金具の特徴は大きくわけて3つある!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Olivier Taluyさん(@otaluy)がシェアした投稿

シンプソン金具の特徴は大きくわけて3つ存在します。

  1. 使いやすさ
  2. 高い耐久性
  3. コストの安さ

の3つです。まずはシンプソン金具のもっているこれらの特徴について簡単に見ていくことにしましょう。

シンプソン金具の特徴①:使いやすさ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mike Vironeさん(@buildingdreamscontracting_pa)がシェアした投稿

シンプソン金具は、確実にしっかりと2×4材同士を接合できるコネクターです。使い方はとてもシンプルで、シンプソン金具を「中継地点」として2×4材同士を噛ませてから、金具に付いている穴をビス止めしていくだけ。DIY初心者の方でも、直感的に使用できるほどの圧倒的な使いやすさがシンプソン金具の特徴ですね。

シンプソン金具の特徴②:高い耐久性

 

この投稿をInstagramで見る

 

SST_Carlitoさん(@sst_carlito)がシェアした投稿

また、シンプソン金具はアメリカの建築現場でも使用されている実績があるほどの、高い耐久性も特徴の1つです。例えば、皆さんが木材と木材を接合する際に使用するものは何でしょうか。クギ?それともネジ・ビスでしょうか。インパクトドライバーなどで2×4材同士をそのまま接合している方もきっと多いかと思います。ただ、クギやネジ・ビスでそのまま木材同士を接合させると、ちょっとした振動から少しずつ接合部分が緩んでいき、経年劣化とともに破損してしまう可能性がありますよね。

シンプソン金具は「面」で木材同士を接合・固定できるコネクター

クギやネジ・ビスでそのまま木材を接合させるやり方が「点」で組み立てる工法だとすると、シンプソン金具を介して木材を接合させるやり方は「面」で組み立てる工法だと言えます。シンプソン金具の面で接合された2×4材は、ちょっとした振動や経年劣化にも耐えられるだけのタフさを備えています。この高い耐久性もシンプソン金具の特徴なのです。

シンプソン金具の特徴③:コストの安さ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stone Ridge Deckingさん(@stone.ridge.decking)がシェアした投稿

高純度の鉄と亜鉛メッキで作られてるシンプソン金具。個人的に、このコネクターの最大の特徴&魅力はコストの安さだと思います。

数十円程度の予算で入手できる!

実際に、ホームセンターや通販サイトなどで調べてみるときっと驚かれるかと思いますが、シンプソン金具は安いものだと数十円ほどで売られています。少し複雑な形状のものでも1個あたり1,000円~2,000円程度の予算で入手が可能です。あらかじめベッドや棚・机、テーブルなどの自作したい家具のイメージ図を書いておき、必要なぶんのシンプソン金具だけを選べば驚くほど低予算でDIYを楽しめるでしょう。

シンプソン金具の種類一覧

国内で取り扱いされているシンプソン金具は主に24種類

 

この投稿をInstagramで見る

 

KING FASTENERSさん(@kingfastenersnc)がシェアした投稿

シンプソン金具は本当に数多くの種類が市場に出回っています。現在、日本国内でお手軽に入手できるシンプソン金具は主に24種類。種類ごとに機能や形状が異なり、それに合わせて価格や使い方も変わってきます。それでは、簡単にシンプソン金具の人気24種類について一覧で見ていきましょう。

紅のたぬきち
紅のたぬきち
種類が豊富なだけに一覧にするとちょっと長くなりますので、「シンプソン金具の使い方・使用例が見たい!」という方は飛ばしてどうぞ。

1.デッキ金具

デッキ(床材)と柱を接合できる種類のシンプソン金具です。おそらくもっとも使用頻度が多いシンプソン金具の種類の1つでしょう。

2.アングル

アングルと呼ばれる種類のシンプソン金具は、主に「コーナー」を補強するために使用されているタイプ。これも一覧のなかでは使用頻度の多いコネクターですね。

3.リジットタイ・コネクター

「リジットタイ」と呼ばれるタイプはいくつかの種類があります。「交差(クロス)させる」ように2×4材を接合・固定できるタイプのシンプソン金具となります。

4.リジットタイ・コーナーコネクター

三つ又になっている2×4材を交差させて接合するためのシンプソン金具です。棚やベッド、テーブル・椅子などの家具全般をDIYで作りたいなら、ほぼ必須のコネクター。

5.リジットタイ・アングル

90度の直角で2本の2×4材を接合・固定できるシンプソン金具です。直角に接合する場面は、DIYをやっていると多々ありますよね。かなりしっかりと固定できますので、ガレージなどのドアを組み立てる際にも使用できます。

6.リジットタイ・フラット

2×4材を「十字」「T字」につなぎ合わせるために使用されるシンプソン金具です。両面からサンドするように使うことで、さらに頑強な施工が可能になります。

7.フォーウェイ・コネクター

4つの方向(フォーウェイ)に2×4材を接合・固定できるタイプのシンプソン金具です。家具はもちろんですが、ガレージなどの建造物を作るのに役立ちます。

8.フェンス・ブラケット

名前の通り、「フェンス(柵)」を作るのに便利なシンプソン金具。「コ」の字に2×4材を覆って接合・固定できるタイプです。3つの2×4材を使用して、十字架のような柵状の構造物を簡単に作ることができます。

9.ステアケース・アングル

木で作られている階段を見たことがありますか?「ステアケース・アングル」は階段の踏み台部分を組み立てる際に、使用されるタイプのシンプソン金具です。重量のかかる階段の踏み台部分は、従来のやり方ですと「はめ込み式」などの特殊加工が必要でした。「ステアケース・アングル」を使用すると、そんな手間を省略して簡単に頑丈な階段を作ることができます。

10.シェルフ・ブラケット

シャルフ(棚)を作るために使用されるシンプソン金具です。三角状の金属コネクターで、簡単に壁掛け棚を制作することができます。

11.ポストベース

基礎のベースとしてコンクリート床と2×4材の間に噛ませるためのシンプソン金具です。主に建造物の柱を施工する際に使用されます。一切、溶接がされていないメタルパーツで、頑強さは折り紙付きです。

12.アジャスター・ポストベース

ポストベースに「アジャスター(微調整)」の機能を付加したシンプソン金具。これも建造物の柱施工によく使用されます。もしも、ガレージなどを2×4材とシンプソン金具で施工したいときには、こちらのコネクターのお世話になることでしょう。

13.ポストキャップ

2×4材の柱と梁を接合・固定できるタイプのシンプソン金具です。これも家具自作というよりは、ガレージなどの建造物施工によく使用されるタイプ。ポストベースで立てた柱の上部に、このキャップを被せて構造物を組み立てていきます。

14.ポストベース&キャップ

柱の下部(ベース)と上部(キャップ)の両方に使用できるように工夫された2WAYタイプのシンプソン金具です。柔軟な施工ができますが、大型のガレージを建てるのならそれぞれ専門のコネクターが欲しいところ。

15.ポストフレーム・ハンガー

一体成型されたシンプソン金具。これもガレージなどの建築によく使用されます。ガレージなどの梁を手早く接合・固定したいのなら、こちらがおすすめ。

16.ダブルシェア・ハンガー

横向きに2×4材を接合・固定できるタイプのコネクターのなかでは、最大許容の過重性能を備えているタフな作りのシンプソン金具。重要な柱部分を接合・固定したいのなら、こちらの種類が必須ですが施工の手間が少しだけ余計にかかるのが難点。

17.ストラップタイ

「L字」「T字」に施工されている2×4材の側面に接合・固定するタイプのシンプソン金具です。こちらは、主に「補強」のために使用されます。これだけで柱と梁を繋ぐのは、よっぽど小型のガレージ以外は避けたほうが無難ですね。

18.フレーミングアンカー

構造体の組み立て柱を2×4材で施工する際に使用されるタイプのシンプソン金具です。「フレーミング」とは建築用語で、「構造体の組み立て」を意味します。フレーミングアンカーは、組み立て用の仮留め爪(アンカー)が付いているので、初心者の方でも簡単に施工作業を進められます。

19.タイプレート