アウトドア

ハッカ油は猫・犬・鳥・ウサギには禁忌?妊婦や赤ちゃんに使うときの注意点!

ハッカ油の禁忌を徹底解説します!

ハッカ油は優れた虫除け効果や、殺菌作用。消臭・除菌効果に加えて、ストレス軽減や疲労回復作用まで期待できるとても素晴らしいアイテムです。

しかし、そんな便利なハッカ油ですが正しい使用方法を守らないと思わぬ落とし穴にはまる可能性も孕んでいます。今回の記事では、そんなハッカ油の禁忌・注意点について解説させていただきます!

ハッカ油は、猫や犬などのペットと生活している方でも使えるのか。妊婦さんや赤ちゃんには使用できるのか。その他のハッカ油にまつわる禁忌・注意点まで全て見ていきましょう。

目次

ハッカ油は猫には禁忌なの?

猫にとってハッカ油は有毒・有害

まず、猫とハッカ油の関係について。結論から申し上げますと、猫と一緒に生活している方はハッカ油を使用してはいけません。「使用しないほうが良い」のではなく「使用してはいけない」のです。

ハッカ油に限らず精油全般は猫にとって猛毒になりえる

ハッカ油に限らず、「精油(エッセンシャルオイル)」と呼ばれるもの全般は、猫にとって猛毒になりえる物質。通常、人間を始めとした動物は肝臓で精油成分を分解して体外に排出するわけですが、猫については話が別ですね。

猫は肝臓で精油成分を分解・処理できない

精油成分を肝臓で分解できずに、中毒症状に陥ります。この症状は非常に深刻で、直接命に関わってくるレベルです。たまに悪質なサイトだとハッカ油の紹介記事で、あたかも「猫にも使えますよ」と言わんばかりの記事構成をしているところがあります。しかし、マジでダメなので、使用は控えてください。

猫にとっては、ハッカ油をはじめとした精油(エッセンシャルオイル)成分は有毒である。

これはぜひ、覚えておいてください。ハッカ油以外にも、ハーブ由来のアロマオイルなども猫にとっては禁忌です。ご家庭にある精油由来のグッズなどは、猫が触れられないところに保管しておきましょう。万が一、誤飲させてしまうと本当に命に関わります!愛する家族と悲しいお別れにならないように、厳重に注意したいですね。

スポンサーリンク

ハッカ油は犬には禁忌なの?

犬については判断が分かれている

猫と違って、犬の場合にはサイトによって有毒か無毒かの判断が変わる傾向があります。犬の場合は、ハッカ油が体内に蓄積されても猫ほどすぐには中毒症状として表面化しないのが判断が分かれる理由ですね。

薄いハッカ油成分であればただちに害はないが…

結論から申し上げますと、1%程度に希釈されたハッカ油スプレーであれば成犬にとってはほぼ無害と言えるでしょう。しかし、高濃度のハッカ油をそのまま誤飲させたり、体が小さい幼犬だったりといった事情が重なると、猫と同じく重篤な症状に繋がる危険性があります。

基本的にハッカ油の使用を控えたほうが無難である

個人的には犬を飼育されている方も、猫と同じくハッカ油グッズの使用は控えたほうが良いかと思います。ASPCA (米国動物虐待防止協会:中毒事故管理センター)の発表によると、精油にして7滴ほどで深刻な症状がでて、10滴(10ml)以上になると命に関わる事態に直結するという報告もあります。

犬を飼育されている方で、ハッカ油スプレーを使用したい方は、自作するとしても管理を厳重に。完成品のハッカ油スプレーを購入する場合には、犬を含めた動物たちの禁忌であるアルコール類が含まれていないことを確認するようにしましょう。

ハッカ油は鳥には禁忌なの?

インコやオウムなどの小鳥にはハッカ油は有毒・有害

他に、よく聞く疑問として「ハッカ油はインコなどの鳥類に使用できるのか?」というものがあります。これについても簡単にお答えしますと、「使用は控えたほうがよい」ですね。殺菌のために、ハッカ油をインコやオウムなどの巣箱に撒く方もいますが、猫に限らず鳥にとっても基本的に精油(エッセンシャルオイル)は有害です。

生ハーブと精油は全く違うものだと考えよう

「ハーブが混ざっている鳥用の餌があるんだから、ハーブ由来の精油は鳥にとって安全!」と謳っているサイトもありますが、大間違いですよ。

ハッカ油をはじめとした精油(エッセンシャルオイル)は大量のハーブ類を精製・抽出して、特定の成分だけを凝縮した天然オイルです。その成分は、葉っぱの状態のハーブとは比較になりません。特に、体が小さいインコなどは、わずかな精油成分でも命に関わる場合があります。

スポンサーリンク

ハッカ油はウサギには禁忌なの?

草を食べるウサギとハッカ油の関係性

ウサギとハッカ油の関係について。草食のウサギさんについても、残念ですがハッカ油は使用できません。ウサギについては確かな臨床データがまだありませんので、厳密に「体調不良を起こす」とは言い切れません。しかし、ハッカ油をはじめとした精油由来の強烈な刺激臭は、ウサギにとって大きなストレスになる傾向があります。

ハッカ油の強烈な香りがウサギにとってストレスになる

ウサギはその大きな耳から、聴覚ばかりが発達していると思われがちですが実は嗅覚も犬に次いで鋭いことで知られています。また、ストレスに非常に弱い動物ですので、ハッカ油スプレーなどをウサギの周囲で使用するのは控えたほうが無難です。

ハッカ油は妊婦さんには禁忌なの?

過剰に摂取しないかぎり基本的に問題はない

次はハッカ油と妊婦さんの関係性について。これも結論から申し上げますと、過剰に摂取しないぶんには基本的に問題はありません。ハッカ油にまつわる禁忌として、「妊婦さんがハッカ油を使用すると流産のリスクが高まる」というものがあります。

ハッカ油の成分が流産のリスクを高める?

実はこの禁忌の噂には、きちんとした根拠があります。ハッカ油に含まれている「メントン」と呼ばれる成分は、微小の神経毒作用・血圧上昇作用があるのです。また、通経作用や体を冷やす効果も、ハッカ油はもっています。そのため、過剰に摂取しすぎると体調を悪化させ、流産のリスクが高まる傾向があるといわれているのです。

妊婦さんが安全にハッカ油を使っていくには…

ただ、繰り返しになりますが「過剰摂取」さえ防止できれば、妊婦さんでもそれほどシビアに考える必要はありません。例えば、微量のハッカ油スプレーを鼻孔から摂取したとしても、ただちに流産リスクが高まるというわけではありません。

具体的には、妊娠されている方は以下のような使い方は避けたほうが無難です。

  • ハッカ油を経口摂取すること。例えば、ハッカ油を入れた紅茶などは妊娠中には摂取しないほうがよいでしょう。
  • ハッカ油の原液を直接そのまま嗅ぐこと。嗅いだことがある方ならお分かりかと思いますが、ハッカ油の原液は「ツーン」とくる刺激のある香りをしています。これをそのまま嗅いでしまうと、体調不良を招く原因となりますので特に妊婦さんは避けたほうが良いでしょう。
  • ハッカ油スプレーの過剰使用。例えば、お部屋のお掃除などでハッカ油スプレーを使用する場合でも、1区画に撒く程度であれば問題はありません。しかし、むやみやたらにハッカ油スプレーを撒きすぎると、知らず知らずのうちに過剰摂取して体調を崩す可能性があります。

体調不良が発生したならすぐに病院に

「妊婦さんにはハッカ油は絶対に禁忌」というわけではありません。ハッカ油にはリラックス作用やアロマテラピー効果などの妊婦さんにとってありがたい効能もあります。ただし、妊婦さんとひと口に言っても、ハッカ油に対する耐性は個人ごとに変わります。あらかじめ受診されている産婦人科医に相談して、使用するかどうかを決めてください。

紅のたぬきち
紅のたぬきち
知らずに使用していたとしても、それほど心配する必要はありません。一番大事な時期、お体をくれぐれも労わってあげてください。

スポンサーリンク

ハッカ油は赤ちゃんには禁忌なの?

赤ちゃん・乳幼児にハッカ油を使用するのなら分量に注意!

妊婦さんのあとには、赤ちゃん・乳幼児との関係について見ていきましょう。こちらも結論から申し上げますと、使っても問題はありません。ただし、生後5歳以下の赤ちゃん・乳幼児にハッカ油を使用する場合には特に分量に気を付けたほうがよいです。

天然由来だからといって100%安全なわけがない

たまに、「ハッカ油は天然由来だから100%安全だ!」なんて無責任なことを言う輩がいますがデタラメです。天然由来だからといってイコールで100%安全というわけではありません。

原液をそのまま大量に経口摂取すれば、健康な大人でも体調を崩します。ハッカ油は食品や飲料にも加えられるアイテムですが、そのときの分量は数滴が限度です。大量に摂取すると、下痢や腹痛のほか血圧上昇や生理不順などの症状に見舞われる可能性があります。

ハッカ油をそのまま皮膚に塗るのは禁忌!

また、特に赤ちゃん・乳幼児は成人した大人と比較して皮膚がまだ弱いので、ハッカ油の成分で肌荒れを起こす可能性があります。直接、ハッカ油の原液を赤ちゃん・乳幼児の肌に付けるのは絶対にやめましょう。もしも、ハッカ油の虫除けスプレーを自作する場合には、通常よりも少し濃度を薄めて作成するようにしたいですね。

食品添加物としてハッカ油を使うなら少しずつ

お子さんにハッカ油スプレーを使用する場合には、肌に直接かけるのではなくベビー服やベビーカーにかけるようにすると安心して使用できます。食品添加物としても使用できるハッカ油を、食べ物や飲み物に加える場合にはくれぐれも分量に注意してください。爪楊枝などにチョンと付けて加える程度でも十分だと思います。

ハッカ油を使うときの注意点

そのまま大量に吸い込むのは絶対にNG

他にハッカ油にまつわる禁忌について見ていきましょう。ハッカ油の原液瓶は薬局や通販サイトでお手軽に購入できます。この濃度100%のハッカ油原液は、強烈な刺激臭がすることで知られています。これをそのまま大量に吸い込むのは絶対にNGです。もしも、臭いを確かめるときには手で扇ぐようにして間接的に嗅いでください。

ハッカ油の原液を目に入れないように注意しよう

このハッカ油の原液を扱うときには、くれぐれも目に入れないように注意してください。目に入っても、イコールで失明するわけではありませんが猛烈な痛みが発生します。大人でも思わず叫びたくなるくらいに痛いです。すぐに流水で洗浄してから眼科医のところに駆け込みましょう。

ハッカ油を使うときには必ず大人が近くにいるように

夏休みなどの自由研究で、お子さんと一緒に「ハッカ油スプレーを自作しよう」と考えている親御さんは特に注意です。ハッカ油が付着した手で目を擦ると、本当にエライことになります。ハッカ油を使うときには、必ず大人が付いてあげるようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

禁忌を理解してハッカ油を正しく使っていこう!

ハッカ油はとても便利なアイテムです。ただ、その有用性のぶんだけ、禁忌も多いのが特徴。ハッカ油の特性を正しく把握すれば、禁忌に触れることなく安全・安心にハッカ油を使用することができます。ぜひ、当記事を参考にしながらハッカ油の正しい使用方法を会得していきましょう!

ハッカ油の使い方11選!虫除け・お風呂の他にも知っておきたい使い方とは?ハッカ油の使い方を徹底解説!虫除けやお風呂以外にもさまざまな使い方ができるハッカ油の使用方法をご紹介します。ハッカ油は食べられるのか?うがい薬として使用できるのか?そんなハッカ油の使い方の詳細を知りたい方は必見!...
すぐに使えるハッカ油スプレーおすすめ8選を紹介!天然の虫除け効果を解説!信頼のあるブランドによって市販されている完成品の「ハッカ油スプレー」をご紹介!自作する手間を省いて、お手軽にハッカ油スプレーを使いたいのなら市販品がおすすめ。安定した品質の完成品ハッカ油スプレーで、賢く虫除け効果を獲得していきましょう!...
ハッカ油の虫除けスプレーを作ろう!作り方から強力な効果・注意点までご紹介!ハッカ油を使った自作の虫除けスプレーの作り方を解説します。ハッカ油のメリットやデメリット、注意点も紹介!天然由来のハッカ油を使った虫除け剤でリラックス効果を得ながら上手に虫の対策をしましょう!...
関連記事