アウトドア

【ゆるキャン△】キャンドルランプおすすめ6選!インテリアにも使える製品はコレ!

皆さんが初めて自分で働いて得たお金で購入したキャンプ用品は何でしょうか?

私は確かコールマンのマグカップでしたね。10年以上の歳月が経った今でも、インドア&アウトドアを問わず愛用しています。これからアウトドアを始めようと考えている方にとっても、「初めて自分でこだわり抜いて選んだキャンプ用品」というのは特別な存在になるでしょう。

今回、ご紹介する「キャンドルランプ」は、ゆるキャン△の劇中で主人公である「各務原なでしこ」ちゃんが、初めて自分でアルバイトをして稼いだお金で購入したキャンプ用品です。

アウトドアはもちろん、インテリアとしてもお部屋に味わいを与えてくれるキャンドルランプ。その概要から特徴。そして、おすすめのキャンドルランプまでご紹介させていただきます!

各務原なでしこちゃんが購入した製品のモデルとされているものから、その他の人気の製品までをピックアップしております。ぜひ、皆さんのお気に入りのキャンドルランプを見つけだしてみてください!

こんな方に読んで欲しい!
  • キャンドルランプの魅力を知りたい方
  • インテリアにも使えるおしゃれなキャンドルランプが欲しい方

目次

【ゆるキャン△】キャンドルランプとは?

ガス缶を燃料にして炎を灯す照明器具

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takeさん(@samurai_550)がシェアした投稿

キャンドルランプはガス缶を燃料にして炎を灯す照明器具です。ガス缶を燃料にするため「ガスランプ」「ガスランタン」などの名称で販売されています。有名どころでは、コールマンやスノーピークなどのメジャーなアウトドアギアブランドが開発販売しており、さまざまな形状・特徴を持った製品が市場に出回っています。

キャンドルランプと他の照明器具を比較すると?

 

この投稿をInstagramで見る

 

たんたん🐻さん(@tantan_glamp)がシェアした投稿

アウトドア向けの照明器具には、他にオイルを燃料にするハリケーンランタンや、電気式のLEDライトなどがありますね。キャンドルランプは明るさや携帯性などの客観的な実用性では、それらの他製品よりも劣っている面が多いです。

劣る面があるのは確かだが…

例えば、オイル式のハリケーンランタンであれば強風のなかでもキャンドルランプより炎を維持しやすいです。それに、LEDライトのほうが明るさや携帯性、コストパフォーマンスの面で優れた性能を備えています。

キャンドルランプの他製品にない魅力とは?

引用

引用:ゆるキャン△公式サイト

ただ、何といってもキャンドルランプの魅力はその幻想的な炎の揺らめきにあります。ゆるキャン△の劇中でも、各務原なでしこちゃんを虜にしたのは「ユラユラとミステリアスに揺らぐ炎」でしたね。個人的には、アウトドアギアなんてロマンを追い求めてナンボだと思います。

まるでフィクション世界に迷い込んだかのようなロマン溢れる情景を

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yoshitsugu Detoさん(@deitos_detox)がシェアした投稿

キャンドルランプを照明にしてのキャンプは、まるでジブリの世界に迷い込んだかのような神秘的な時間を与えてくれます。古くから人類が愛用していたロウソク(Candle)照明を簡単に再現できるキャンドルランプで、皆さんのアウトドアをさらに味わい深いものにしていきましょう。

スポンサーリンク

【ゆるキャン△】キャンドルランプの特徴

最大の特徴は「簡単な使い方」にある!

キャンドルランプの最大の特徴は、その簡単な使い方にあります。例えば、同じくアウトドア向けの照明器具として人気のガスランタンなどは、燃料補充から着火方法。そして、使用後のメンテナンスに至るまで何かと「やるべきこと」「守るべき手順」が多いです。

使い方は着火するだけでOK

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vortex Outdoorsさん(@vortex_outdoors)がシェアした投稿

その点、キャンドルランプの使い方は非常に簡単。製品によって多少の違いはあるものの、基本的にはボタンを押しつつ着火するだけでOKです。燃料補充も、ガス缶に直付けなので特に悩むポイントはありません。個人的に、初心者キャンパーさんが最初に手に取るには、ベストな品でしょう。

燃料のガス缶は他のキャンプ用品にも転用できる!

 

この投稿をInstagramで見る

 

the booth faceさん(@theboothface)がシェアした投稿

また、燃料となるガス缶も、ホワイトガソリンやオイルなどと比較すれば扱いやすい部類のアイテムです。それに、ガス缶はホームセンターや通販サイトから安く購入できますし、他のキャンプ用品の燃料として広い互換性も備えています。キャンプ初心者さんでも持て余す心配がほとんどありません。

インテリア照明としても活躍してくれる!

 

この投稿をInstagramで見る

 

業務員ライフさん(@fre_spir1t3)がシェアした投稿

加えて、キャンドルランプはインテリア照明としても活躍できるという特徴もあります。炎を灯すキャンプ用品のなかには屋外使用を推奨している製品もありますが、キャンドルランプは室内でも問題なく使用できます。もしも、皆さんのお気に入りのキャンドルランプが手元に届いたなら、ぜひ1度ご自宅で炎を灯してみてください。もちろん、電気を全て消した状態で。「キャンドルランプをゲットして良かった」と、きっと思えてくるはずですよ!

【ゆるキャン△】キャンドルランプおすすめ6選!

アウトドアからインテリアにまで使えるキャンドルランプをご紹介!

 

この投稿をInstagramで見る

 

zn_camp_life®︎さん(@go_out_style)がシェアした投稿

ここからは、具体的におすすめのキャンドルランプを見ていくことにしましょう。アウトドアシーンを神秘的に彩ってくれるキャンドルランプ。キャンプの時間だけではなく、オフシーズンのインテリア照明としても活躍してくれるキャンドルランプだけをピックアップしております。

有名ブランドのキャンドルランプから掘り出し物まで

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rika Kikuiさん(@rikakikui)がシェアした投稿

有名ブランドのものから掘り出し物まで、ユニークなキャンドルランプをご紹介させていただきます。皆さんにとっての「パートナー」になれるキャンドルランプをぜひ、このなかから選んでみてください。

紅のたぬきち
紅のたぬきち
もしも、今回ご紹介している製品のなかに、気に入るものがなければ用品店や通販サイトでお好みの製品を探してみましょう。その際には「キャンドルランプ」ではなく「ガスランタン」「ガスランプ」の名称で店員さんに尋ねたり、検索をかけたりするとスムーズに製品を見つけることができますよ!

スポンサーリンク

【ゆるキャン△】キャンドルランプおすすめ①

コールマン(Coleman) ランタン ルミエールランタン

ゆるキャン△「各務原なでしこ」ちゃんが使用していたモデルがこちら。コールマンが開発販売しているキャンドルランプ(ランタン)の「ルミエールランタン」です。本体に搭載されているガス調整用のツマミで簡単に着火・消火ができるのが特徴。初めて使用する方でも、何の苦もなく使いこなせる敷居の低さが嬉しいポイント。「ルミエールランタン」は、特にキャンプ初心者の方におすすめの製品です。

色付きのガラスグローブで優しい明るさを実現

 

この投稿をInstagramで見る

 

@greencurry0902がシェアした投稿

「ルミエールランタン」「ルミエール(Lumière)」とはフランス語で「光」という意味です。炎を覆う部分は「グローブ」と呼ばれる部品。暖色系の色付きガラスグローブが、ガスを燃料とした炎を優しく包み込みます。LEDでは決して味わえない神秘的な明るさです。

1本のガス缶で約28~38時間も持続できる

耐火性と耐久性の高いガラスで作られていますが、衝撃には弱いので使用しないときには付属のグローブケースに収納しておきましょう。標準的な230gのコールマン純正イソブタンガス缶を使用した場合には1本で約28~38時間も使用できます。アウトドアシーンやインテリア照明としてだけではなく、災害時にも活躍してくれそうですね。

グローブの部分は別売りで交換可能!

長く使用していくうちに、ガラスグローブの部分が劣化・摩耗していく場合がありますよね。また、ガラス製ですから、誤って破損させてしまうケースも十分にありえます。そういう場合には、別売りでガラスグローブ部分だけを購入することも可能です。「ルミエールランタン」を長く使用していく予定であれば、あらかじめ交換・予備用のガラスグローブを1~2個入手しておくと、もしもの時にも安心ですね!

【ゆるキャン△】キャンドルランプおすすめ②

コールマン(Coleman) IL ルミエールランタン (インディゴ)

こちらはコールマンの「ルミエールランタン」のカスタマイズバージョンです。有名アウトドアブランドであるコールマンとモンロがタッグを組んで生み出しているラインナップシリーズ「インディゴレーベル」に連なる製品!

優しい光のなかに洗練さをプラスしたルミエールランタン

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

標準の「ルミエールランタン」がどこかマッドな渋さを追求したカラーデザインであるのに対して、「インディゴレーベル ルミエールランタン」はシャープで洗練されたホワイト調のカラーデザインに変更されています。

揺らめく炎に刻印が映える

ガラスグローブの色合いも、暖色系の淡い黄色から、三角模様が刻印された白色に変更されています。炎が揺れるたびにこの特殊な刻印が影を作り、神秘的な雰囲気を一層引き立ててくれます。

インディゴレーベル専用のガス缶も販売されている

基本的な性能はオリジナルと変わりません。皆さんのセンスに合わせたものを選ぶとよいでしょう。ちなみにガス缶もコールマンから専用カラーのものが販売されています。

スポンサーリンク

【ゆるキャン△】キャンドルランプおすすめ③

スノーピーク(snow peak) ガスランタン リトルランプ ノクターン

こちらは有名アウトドアブランドの「スノーピーク」が開発販売しているキャンドルランプです。コールマンの「ルミエールランタン」とはまた違った方向性を持っている製品。その特徴は何といっても「コンパクトさ」ですね。

コンパクトな軽量性が魅力のキャンドルランプ

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAMOAさん(@yumejirowayanocozey)がシェアした投稿

ルミエールランタンはキャンドルランプのなかでは、それなりに大きめの製品です。特にガラスグローブが荷物になるのがちょっとしたデメリットでした。その点、スノーピークの「リトルランプ ノクターン」は本体重量約102gという圧倒的な軽量性が特徴。また、円柱状のシンプルなガラスグローブは収納性の面でも優れた性能を備えています。

ストイックな実用性のなかに光る味わい

思うに、「リトルランプ ノクターン」の製品コンセプトは「少ないガス缶容量を効率的に使用しながら、十分な光量を持続すること」ですね。非常にコンパクトな製品ながら、味わいのある炎と必要十分な明るさ。そして、無駄な飾り気のないマッシブなデザイン性が魅力のキャンドルランプとなっています。「ルミエールランタン」がオシャレさと可愛さを追求した製品とするなら、「リトルランプ ノクターン」はストイックな実用性を追求した製品と言えるかもしれません。

【ゆるキャン△】キャンドルランプおすすめ④

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンドル ガスランタン 収納ケース付き UF-19

コールマンとスノーピークに埋もれがちですが、キャプテンスタッグのキャンドルランプ「UF-19」も隠れた人気となっている製品です。耐熱ガラス製のくびれのあるホヤ(グローブ)は、日本人が想像する中世のランプイメージをそのまま表現したかのようなスタンダードなシルエットとなっています。インテリア照明としても、お部屋の空気にマッチしてくれそうですね。

リングを回転させるだけで炎の量を調整できる

一般的なレギュラーガスカートリッジ250gを使用した場合には、約32時間もの持続稼働が可能です。本体に搭載されているリング(ツマミ)を回転させるだけで炎の量を調整できます。直感的に使用できるという点では、実に初心者向きの設計構造をしていますね。

揺れの少ない一定の炎を求めるなら

コールマンの「ルミエールランタン」や、スノーピークの「リトルランプ ノクターン」と比較すると、炎の揺らぎが少なめ。キャンドルランプは、炎の動きによってガラリと雰囲気が変わるアイテムです。揺れの少ない一定のロウソク照明が欲しい方におすすめできるキャンドルランプとなっています。

スポンサーリンク

【ゆるキャン△】キャンドルランプおすすめ⑤

Ieasky ガスランタン リトルランプ ランプライトポータブル

ポータブル性に優れたキャンドルランプがこちら。省エネと防風性を重視した設計構造になっているのが特徴の製品です。キャンプはもちろんですが、夜釣りなどのナイトレジャーのお供として雰囲気を盛り上げてくれるアイテムとなっています。

1時間あたり約6gという優れた燃費性能

有名ブランドのものと比較しても、見劣りしない優しい光を出してくれます。また、燃費についても1時間あたり約6gという効率的&コスパに優れた性能を備えています。

シンプルな構造とこだわった素材で構築された製品

インテリアとしては、少し物足りない無骨な見た目をしていますが、そのぶんだけシンプルな構造でまとまったキャンドルランプです。良質な銅やアルミニウム、ステンレススチールに強化ガラスがあしらわれた「侮れない製品」

【ゆるキャン△】キャンドルランプおすすめ⑥

Fire-Maple”Orange” ガスランタン《日本正規品》

「Fire-Maple」はアウトドア向けのバーナーを開発販売している中国メーカーです。「中国メーカー?うーん……」と悩む方も多いのではないでしょうか。正直、分かります。ただ、「Fire-Maple」については少し話が変わります。

スイスのアウトドアショーで金賞を受賞したブランド

こちらのブランドはスイスのワールドクラスアウトドアショーでデザインと品質について高い評価を受けた企業です。キャンドルランプ「Orange」についても使い勝手のよさや安全性はもちろんのこと、その丸みをおびた可愛らしいデザインからインテリア照明としても高い人気を誇っています。

ありそうでなかった可愛らしいデザイン

防風設計となっていますので屋外使用でも安心ですね。ガスの消費量は1時間あたり約4gです。十分な燃費性能ですね。デザインに惹かれた方は、手に取ってみてはいかがでしょうか。

キャンドルランプとセットで用意したいグッズは?

キャンドルランプをもっとオシャレに使いこなそう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuka⭐️さん(@yuka_ngoo)がシェアした投稿

キャンドルランプを使用する際には、専用のガス缶用レザーケースを組み合わせるのがおすすめです。ガス缶がむき出しの状態よりも、レザーケースで覆ったほうがオシャレさがグンと増します。また、スマートに着火できるようになる万能着火用品や、高品質なガス燃料を内包したガス缶を簡単に見ていきましょう!

What will be will be ホワット ウィルビー ウィルビー レザー (中:230/250サイズ)

完全ハンドメイドで革職人が生み出したガス缶のドレスアップアイテムがこちら。シックな色合いで染色された本革がキャンドルランプの持ち味である「オシャレさ」をさらに引き立てます。こちらの「What will be will be」ブランドの革製品は、使い込むうちに柔らかさが出て使いやすくなっていきますよ!

ロマンを追い求めてるキャンパーにおすすめ!

ロマンを追い求めてるキャンパーさんがぜひゲットしてみてください。購入の際にはサイズに気を付けて!こちらのサイズはゆるキャン△で登場したコールマンの「ルミエールランタン」に使用される230g缶向けです。使用するガス缶のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。カラーバリエーションも豊富なので、気になる方は要チェックや!

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480

カセットガスやライター用のガスから簡単に燃料を補給できる着火用のガストーチがこちら。ガス用品を手広く扱う安心・安全の国産ブランド「ソト(SOTO)」が売り出している人気の高い製品です。先端から噴き出る極細の高純度ファイヤーで、キャンドルランプはもちろん他のアウトドア向け照明器具にもお手軽&スマートに着火できます。これがあるのとないのとじゃ、作業の捗り方が違う。

コールマン 純正イソブタンガス燃料 Tタイプ 230g 5103A200T

基本的に有名ブランドのキャンドルランプは、そのブランド規格のガス缶を使用するのがおすすめです。もちろん、他のメーカー製ODガス缶でも使用することはできます。ただ、例えばコールマンの「ルミエールランタン」の場合、純正ガス缶とマッチするようなデザインで作られていますので、純正品を使用したほうがオシャレさ&可愛さが向上します。幸い、そこまでお値段が張るものでもありませんので、ホームセンターや通販サイトなどで安売りをしているときにでもゲットしておきたいですね。

まとめ

優しい炎で空間を彩るキャンドルランプをゲットだぜ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ebisu my fieldさん(@ebisu.my.field)がシェアした投稿

キャンドルランプは単純な構造と仕組みで作られているアウトドア用品です。今回ご紹介させていただいたような高品質なキャンドルランプであれば長い期間、皆さんにとってのパートナーとして使い続けることができるでしょう。ゆるキャン△の主人公である各務原なでしこちゃんと同じモデルのキャンドルランプでも良いですし、それ以外の皆さんのセンスを反映したキャンドルランプでも、もちろんOKです。

紅のたぬきち
紅のたぬきち
アウトドアシーンからインテリア照明にまで幅広く活躍してくれるキャンドルランプが、皆さんの生活をさらに楽しいものにしてくれることを祈っています!
「タヌドア!」は生涯更新の無料Webマガジン

当サイト「タヌドア!」は、よくあるキュレーションサイトやまとめサイトと違い、管理人のたぬきちが自分自身で書き上げた記事のみを掲載しております。

「生涯更新」をコンセプトに、無料で読めるWebマガジンとして皆さんの生活を豊かにできる情報を発信いたします。Twitter始めました!お気軽に話しかけていただけると、たぬきちは喜びのあまり歌い出します。

「タヌドア!」のTwitterプロフィール

関連記事