アウトドア

【最新】コールマン25Lサイズのリュック6選!リアルな使い方やサイズ感はどう?

1901年にアメリカのオクラホマ州で誕生した名ブランド、コールマン。アウトドアレジャーやトラベル向けのグッズを開発販売しているコールマンは、テントやランタンだけではなくリュックまで製造しています。

そのなかでも特に世界中で大人気となっているのがコールマンが売り出している25L(リットル)サイズのリュックです。メジャーな「ウォーカー」「シールド」と呼ばれる人気のコールマン・リュック・ラインナップなどをはじめ、他にも使い勝手のよい製品を多く出荷してくれています。2019年には新作の「OFF THE GREEN」も発表されましたね。

今回は、特に「高品質でリーズナブルなリュックサックを探している方」を対象に、コールマンの25Lリュックをご紹介させていただきます。手に取りやすい価格帯でありながら、細部にまでこだわりぬかれた珠玉の「コールマン・リュック」をぜひ見ていってください。

目次

コールマン25Lサイズのリュックの特徴

徹底的に使い勝手のよさを追求したコールマン・リュック

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

コールマンのリュックの特徴は何といっても、その使い勝手のよさにあります。背中に装着するリュックサックは、どうしても体との接地面が大きくなりがち。手や肩にかけて使用するトートバッグと比較して背中に常時、装備することになりますので「蒸れ」で痒(かゆ)くなることもあります。

低品質なリュックは長時間、背負えない?

低品質なリュックサックを長時間背負っていると、肌の弱いお子様や敏感肌の方は「かぶれ」「炎症」の原因になるかもしれません。

蒸れ・汗対策が十分に施されたコールマン・リュック

その点、コールマンのリュックはひと味違います。背中に直接当たる部分を柔らかく通気性のよい特製メッシュにすることで、リュックの弱点である「蒸れ」を防止。さらに、装着時に体へかかるストレスの軽減にも成功しています。この特徴は、コールマンのリュックが体を活発に動かすアウトドアユーズを前提に開発されていることに由来していますね。蒸れ・汗対策は1流ファッションブランドのリュックサックと比較しても、全く遜色はありません。

目立たないように工夫されたポケット・収納袋を搭載

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

コールマンのリュックのもう1つの特徴として「ポケット・収納袋を十分な数、搭載してくれている」というのもあります。リュックサックの本質的な機能は、やはり「収納性・運搬性」ですよね。コールマンのリュック、特に25LサイズのリュックはノートPCをラクラクと入れられるだけの十分な収納性を備えています。

おしゃれさと機能性の融合

 

この投稿をInstagramで見る

 

Coleman USAさん(@colemanusa)がシェアした投稿

また、外装や内装にあしらわれているポケットは、リュックサック本来のシルエットを崩さないように工夫が施されています。「ポケットが主張しすぎていてダサい…」と周囲に思われる心配が減るのは嬉しいところですよね。

どこに何があるのかがすぐに分かる!

加えて、リュック内部にある収納袋には財布やiPhone・Androidなどのスマートフォンをすっぽりと入れることができます。ユーザーが欲しいと思えるところに、欲しいサイズの収納袋を備えてくれていますので「リュックのどこに何を入れたのか分からなくなる」なんて機会もグンと減るでしょう。

スポンサーリンク

コールマン25Lサイズのリュックの魅力

アウトドアから街歩きにまで幅広く使用できるデザイン性

 

この投稿をInstagramで見る

 

Coleman USAさん(@colemanusa)がシェアした投稿

アウトドアブランドであるコールマンのリュックは、キャンプや登山などのアウトドアシーンでのみ使用されていると思われがちです。ただ、実際にコールマンリュックのユーザーを見てみると意外なことに「アウトドアなんてやったことがない」という方が大多数を占めています。コールマンのリュックは、その高い耐久性や使い勝手のよさに加えて、ファッション大国アメリカ生まれの洗練されたデザイン性も特徴の1つ。

可愛らしさを求める女性ユーザーもにっこり!

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

アウトドアだけではなく、街歩き用のファッションアイテムとして男性・女性を問わずに愛用されています。特に、25Lサイズのリュックはラインナップも豊富でカラーも男性向け・女性向けとかなり幅が広いので「可愛らしさ」を求める女性ユーザーも多数存在しますね。

手に取りやすい価格設定と優れたコストパフォーマンス

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

そして、個人的にもっとも嬉しい特徴がコレ。手に取りやすい価格帯と優れたコストパフォーマンスです。コールマンが開発販売している25Lサイズのリュックは、基本的にどれもがリーズナブルな価格帯で店頭に並べられています。この価格帯で売られているようなリュックサックは、購入から数ヶ月ほどで生地がヨレヨレになったり、やぶれたりする場合も多いですよね。

長く愛用できるからこそのコストパフォーマンスの高さ

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

その点、コールマンのリュックは素材の質から縫製の丁寧さまで折り紙付き。1個のリュックを長く愛用し続けていくことが可能です。購入にかかる初期費用もほどほどに、1年2年と愛用し続けられるのはコストパフォーマンスの面でもかなり嬉しいポイントですね!

1流ブランドの価値はプライスレス

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

それに、忘れちゃいけないのが「コールマン」のブランド力です。無名ブランドの何だかよく分からないロゴ付きのリュックよりも、1流ブランドのコールマン・ロゴが入ったリュックのほうがやっぱりブランド力は上でしょう。分かる人には「おっ!あれコールマンのリュックか。やっぱオシャンティーやなあ」と地味に気づいてもらえるのも魅力ですね。仕事先で話のネタにもなりますし。

コールマン25Lサイズのリュックの使い方

キャンプや登山での使い方は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

コールマンのリュックは表地にナイロンやポリエステルなどの化学繊維が使用されています。コットンと比較して、軽量で頑丈なのが特徴のナイロン&ポリエステル。通気性が高く、汚れも付きにくいのでキャンプや登山で使用するのにも最適です。

濡れ予防にジップロック!

ただし、雨に濡れた場合にはリュック内部にまで容易に水が浸透する可能性が高いので、濡れ予防にジップロックなどを活用するのもおすすめ。スマホなどの電子機器は、あらかじめジップロックに密封して収納しておけばゲリラ豪雨でも安心!これはキャンプ・登山以外にも応用できる使い方ですね。

コールマンのリュックサックには雨避けカバーが付属している?

また、コールマンのリュックサックには専用の雨避け用カバーが付属しているものも多いです。リュックごとにサイズを調整されたカバーは、驚くほどスムーズにリュックサック本体に装着することが可能。急なゲリラ豪雨でも、コールマンのリュックサックならば安心ですね!

旅行での使い方は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

25Lサイズのコールマンリュックは日帰り旅行~1泊2日程度の小旅行にぴったりの容量を持っています。簡単な着替えやお茶、お弁当にお財布などを入れてバックパッカー気分で旅に出るのもよいですね。サイドポケットに折りたたみ傘を入れておける製品もありますので、梅雨の時期や急な夕立にも対応できます。

通勤・通学での使い方は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

落ち着いたカラーの渋いデザインをしたコールマンリュックは、通勤・通学でも十分に使用できます。「リュックを通勤・通学に使うなんてダサくない?」なんてことを言う方もいますが、それはコールマンのリュックを知らない方の戯言(ざれごと)でしょう。

安っぽさ・チープさを微塵も感じさせない

チープさを一切感じない洗練されたコールマン・リュックはそんじょそこらのビジネスバッグやスクールカバンよりも何倍もおしゃれでカッコいい、または可愛いデザインをしていますよ!通勤・通学用のカバン選びに迷われている方にも、ぜひおすすめしたいアイテムです。

街歩きでの使い方は?

アウトドアギアブランドのカバンは、どうしてもゴツイものが多いです。街歩きをするには、少し不向きなものも多く存在しますよね。正直、コールマンのリュックでも大サイズのものとなると、普段使いの街歩きには少しオーバースペック感が否めません。

ファッションコーデをビシっと引き締めてくれる!

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

ただ、25Lサイズのミドルサイズリュックとなると話が180度変わります。街中を徒歩で散策する場合でも、自転車でのツーリングでも、ビシっと決まるのが25Lサイズのコールマン・リュックの魅力。「新作ファッションが生まれる国、アメリカ」で生まれたコールマンブランドらしいセンスが十分に活かされています。荷物を詰めて背負ってもシルエットが崩れないので、どんなコーデとも調和しちゃいますよ!

スポンサーリンク

コールマン25Lサイズのリュックのサイズ感①

25Lのサイズ感の「本当のところ」とは?

皆さんがリュックサックなどのカバンを購入する際には、おそらく「リュックの容量」をまず確認するのではないでしょうか?カバンの容量は基本的に「L(リットル)」で表記されます。

ただ、これって案外、分かりにくいんですよね。25Lサイズと言われても「ああ、25Lサイズね!」ってサイズ感を正確につかめる方はおそらく存在しません。それに、同じ25Lサイズでも、リュックサックはブランドごとに「リアルなサイズ感」がかなり変わってきます。

コールマンの25Lリュックのサイズ感をご紹介!

そこで、今回はコールマンの25Lリュックのサイズ感を、参考までに例を挙げつつご紹介します。「ああ、こんなもんなんだな」と、ふんわりでも把握してからのほうが安心して製品選びができますからね。

1泊2日程度の旅行ならば余裕のサイズ感がある

例えば、コールマンの25Lリュックのサイズ感を象徴する事例として、トラベルシーンを見ていきましょう。コールマンの25Lリュックの人気作である「シールド 25L」は、男性用の着替え(下着を含め)が約2日分程度、入る容量を持っています。もちろん、人にもよりますが、1泊2日程度の旅行であれば十分に余裕をもって荷作りができるサイズ感がありますね。上手に収納すれば2泊3日くらいなら対応できるでしょう。

重たい本やかさばる荷物もまとめて収納できる

また、高校・大学に通っている学生さんの場合には、教科書や部活の道具などをリュックにまとめて入れておきたいと思うシーンもありますよね。コールマンの25Lリュックは、長方形に近いゆったりとした内部空間を備えています。そのため、大きめの教科書・参考書やシューズなどの備品でも、余裕をもって収納することができます。他にも、会社員の方のなかにはモバイルノートやタブレット端末を入れている方も多いですね。

ライト~ミドルのアウトドアシーンはコールマンの25LリュックでOK

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

もちろん、本来の使い方であるアウトドアシーンでもコールマンの25Lリュックは輝きます。キャンプ・登山用の着替え・装備や雨具、カメラなどをまとめて入れておけるだけのサイズ感は、ライト~ミドルまでのアウトドアシーンに最適です。

コールマン25Lサイズのリュックのサイズ感②

サイズ感から考えるコールマンの25Lリュックの苦手分野とは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Your Image Worksさん(@yourimageworks)がシェアした投稿

さて、それでは逆にコールマンの25Lリュックのサイズ感では対応できない場面にも少し触れていきましょう。例えば、3~4泊以上の旅行になるとコールマンの25Lリュックでは、かなり容量がきつくなってくる可能性が高いです。そういう場合には、40Lサイズ以上のものを選んだほうが無難ですね。

満員電車で通勤・通学をしている方は注意!

また、電車通勤をされている方のなかで、特に「満員電車に乗る」という方も少し注意が必要です。コールマンの25Lリュックは、他社製品と比較して荷物をパンパンに詰めてもそこまで膨らまず、シルエットも崩れません。

「でっぱり」が周囲に迷惑をかける?

 

この投稿をInstagramで見る

 

L Shoppingさん(@lshoppingjk)がシェアした投稿

ただ、やはりリュックサックの宿命として「でっぱり」は生まれます。満員電車に乗っていると、その「でっぱり」が他の乗客にゴツゴツと当たってしまうケースもありえますので、ちょっと気にかけておいたほうがよいですね。

スポンサーリンク

【最新】コールマン25Lサイズのリュックのおすすめ6選!

キッズから大人にまで好評なコールマンの25Lリュックはコレ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

ここからは具体的にコールマンの25Lリュックを見ていくことにしましょう。アウトドアブランドとしては名の知れたコールマン。ただ、リュックサックについては意外とまだまだユーザー数が少ないので、「他の人とかぶりにくい」というのも隠れた魅力です。単純に費用対効果の点でも素晴らしい特性を持っていますので、もしもピンとくるリュックがあったならチェックしてみてください!

【最新】コールマン25Lサイズのリュックのおすすめ①

Coleman(コールマン) ウォーカー25 WALKER

「シールド」と同じく、コールマンの人気リュックラインナップの一角として数えられているのが「Coleman(コールマン) ウォーカー25 WALKER」です。こちらは、男性ユーザーのみならず、女性ユーザーからも高い評価が付けられている製品。デザインや背負ってときのシルエット、それに機能性などの実用面はもちろんですが、豊富なカラーバリエーションが揃っているのが最大の魅力でしょう。ちなみに、こちらは2018年のモデルチェンジに対応した新作モデルです。

おしゃれで可愛いのに機能的!

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

色の種類は10種類以上。他社製品にはない独特なカラーバリエーションが用意されています。機能面では、B4サイズが収納できる普段使いのちょうどよいサイズ感が特徴。背中に触れる部分は特製のメッシュ地になっており、汗蒸れをさっぱりと予防してくれます。ライトなアウトドアや、街歩き・通学用途に使用するリュックサックをお探しならば、こちらもおすすめです。

【最新】コールマン25Lサイズのリュックのおすすめ②

Coleman(コールマン) シールド25

コールマンが世に出しているリュックサックのなかでも、特に男性ユーザーから人気の高い製品がこちら。「Coleman(コールマン) シールド25」です。マッシブでどこか角のあるシルエットが特徴的な「Coleman(コールマン) シールド25」は、内部空間もかなり広めにゆったりと作られています。

男性ユーザーの心をつかむマッシブシルエット

留め具はファスナー式。滑りのよいファスナーで外気をしっかりとシャットアウトできます。ポリエステル製の外装は通気性がよく、リュック内部の蒸れを防ぎつつ、背負ったときにユーザーにかかるストレスも軽減してくれます。ポケットの数は外側4の内側3の全7個。カラーバリエーションもネイビー・グレー・ブラックと3種類用意されていますので、皆さんのセンスとコーデに合わせたものを選んでください。迷われたなら黒がおすすめ。黒は全てを許してくれます。アウトドアはもちろん、通勤・通学に街歩きと、どんなシーンにも合わせやすいですよ!

【最新】コールマン25Lサイズのリュックのおすすめ③

Coleman(コールマン) トレックモーション25

アウトドアのなかでも、特に登山・トレッキングを趣味としている方におすすめなのがこちら。「Coleman(コールマン) トレックモーション25」です。コンセプトとしては登山+街歩きにベストなリュックサックといったところでしょう。最大の特徴として、フロントのバックル部分にホイッスル(笛)が付属しています。

実用的な工夫がいろいろと施されている!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Muklay_Outdoorさん(@muklay_outdoor)がシェアした投稿

緊急時には、こちらのホイッスルを吹くことで異常を周囲に伝えることが可能です。これは、特に街歩きを楽しむ女性ユーザーや小さいお子さんにも嬉しい機能ですね。変質者が出たら「即ピュー」。これで行きましょう。登山向けに専用の雨避けカバーが付属しています。これをスッポリと被せることで、リュック内部に水が浸透するのを防ぐことが可能です。自転車での通勤・通学にも便利ですね。

【最新】コールマン25Lサイズのリュックのおすすめ④

Coleman(コールマン) アトラス 25

いわゆる「ブタ鼻」のアクセントが入ったスタンダードなデザインのバックパックがこちら。街歩きに使用するリュックサックとしては王道のデザイン&シルエットで男女問わず根強い人気のある製品です。「アトラス 25」という製品名でコールマンより販売されているこちらのリュックはアウトドアよりもむしろ普段使いに視線を向けて改良が施されています。

普段使いに欲しい機能をギュッと詰め込んだリュックサック

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

開閉に使用するファスナーはより滑らか、かつ頑丈に。背中に面する素材は通気性のよいメッシュ地に。大学生や会社員の使用に便利なモバイルノート収納ポッケ付き。また、ペットボトルをサッと入れられるサイド収納も搭載されています。太めの柔らかいベルトは長時間、背負っていても肩こりを感じにくいと好評です。アウトドアギアメーカーとしての経験から培われた人体工学のノウハウを惜しげもなく披露した王道リュックといった仕上がりですね!

【最新】コールマン25Lサイズのリュックのおすすめ⑤

【最新・新作】Coleman(コールマン) OFF THE GREEN25(オフザグリーン25) リュック OG25

2019年の新作!従来のコールマン、タウンユース定番リュックであった「アトラス・シリーズ」などで得たノウハウをフィードバックして開発されたのが完全新作ラインナップの「オフザグリーン・シリーズ」です。全5色のカラーバリエーションは、そのどれもが高級感と上質感あふれる仕上がりとなっています。

コールマン・リュックのニューフェイス!新作の街歩きリュックはコレ

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

最大の特徴は軽量性と耐久性です。軽量性を重視した太さの特製繊維で編まれた本体に、高耐久・高強度のコーデュラナイロンをプラスして圧倒的な耐久性を付与。他にも、より街歩き・普段使いに特化した性能となるようにクッション性や通気性を向上させています。「アウトドアブランドのコールマンが、普段使いに特化したリュックサックを作ったら?」という問いに対する、1つの回答がコレ。新作なので、まだユーザー数も少ないため他の方と「かぶりにくい」というメリットもありますよ!

【最新】コールマン25Lサイズのリュックのおすすめ⑥

Coleman(コールマン) リュックサック JNスカウトマスター JOURNEY

リュックというよりも「バックパック」として、ノートPCなどの装備一式を収納するのに便利なアイテムが「Coleman(コールマン) リュックサック JNスカウトマスター JOURNEY」です。洗練されたデザインとオールインワンともいえる多機能性は世界中にたくさんのファンを生んでいます。こちらのリュックサックは間仕切りのないゆったりと使用できる内部空間に加えて、ノートPCを収納するための専用スペースが用意されています。

洗練されたデザインと圧倒的な機能性

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

他にも25Lの容量を無駄なく使用できるように、メモ帳や小さい小物類を収納できるポケットも搭載。それに、急な雨に対応できるレインカバーも付属しています。このレインカバーが実にユニーク!普段はリュックサック本体下部にあるポケットに収納しておき、必要な場面にはサッと取り出して本体をすっぽりと包み込むことが可能です。

まとめ

キッズから大人まで使えるコールマンのリュックサックで生活を彩ろう!

 

この投稿をInstagramで見る

 

コールマンジャパン公式さん(@coleman_japan)がシェアした投稿

コールマンのリュックサックは老若男女、キッズから大人まで幅広い層のニーズに応えられる便利なアイテムです。定番モデルから、2019年の最新モデルまでおしゃれで可愛らしい製品が揃っています。アウトドアシーンだけではなく、通勤・通学に街歩きとその用途は多彩です。マイバッグとして、または大切な誰かへのプレゼントとしてコールマンのリュックサックを選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事